Loading…
05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

ZBrush 4R8 - 3Dギズモ

Posted by thattori43 on 14.2017 ZBrush関係   0 comments   0 trackback

Pixologic ZBrushのアップデート4R8が来ましたね。
今回の機能強化も概要を読んでいるとALPHA 3DとかMULTI VECTOR DISPLACEMENTとかダイナミックブーリアンとか。。結構強力な機能追加がなされてますね。

早速アップデートしてみました。

ssss.jpg


まずは、今まで出来た事が難なく出来るか? という観点から今回からトランスポーズ周りで変更された3Dギズモを見てみた。

ZBrush Coreではもう既に採用されてるのかな? 今までのZBrush独特のトランスポーズツールが変更されている。
一般的な3Dツールにより近い感じの物になってるのだけど、従来のマニアックなトランスポーズギズモに慣れてきた自分としてはちょっと面食らってしまったのが実情。

一般3Dツールのギズモっぽいんだけど、それはそれ、やはりZBrush独特なエッセンスが加えられている。

こんな感じでギズモに付随してなんか機能が付随している。
s3_20170614195421438.jpg


まずは一番左の歯車の形をしたツールボタン。
この歯車をクリックするとこんな感じのメニューが出現してベンド、ツイスト等。。いろんな感じのデフォーミングを行う事が出来る感じ。
s2_20170614195420037.jpg


こんな感じのラティスっぽいデフォーマーなんかも追加されている。
s1_20170614195419450.jpg


歯車の右の4つのツールはギズモの位置を固定したり、センターポジションをサブツールのバウンディングBox中心に持っていったり、シーン座標の中心に持っていったりする機能。

こんな感じだけど、多分実際に使用してみないとイメージが湧かないかも知れませんね。
s4_20170614203033364.jpg


あと一番右の横棒の様な物は選択したサブツール全体に対するトランスポーズオペレーションを一括で行える物で、機能的には今までのZBrushではやり辛かった事が簡単に出来る様になった感じ。
選択は(Shift + CTRL クリックで対象サブツールを選択する感じ)

じっくり使い込んでみないと何とも言えないけど、機能的には便利になった事は間違い無いのだけど、 従来のあのマニアックなトランスポーズツールはもう使えないのかなぁ。。

その他、4R8の追加機能はおいおい見ていきますが、この3Dギズモは頻繁に使うコアな機能なので覚えないといけないなぁ。。と思って真っ先にチェックしてみました。^^;



第11回 和風展 2枚目

Posted by thattori43 on 21.2017 雑記   4 comments   0 trackback

 第11回 和風展 2枚目投下。
一応、今回はこれで打ち止めとする事にしましょうかね。 自作のモデルも出し切ったし。。

昨年、桜(樹木とか花びら)をもってして和風展作品として成立というシチュエーションをチラ見してちょっとカルチャーショックを受けた覚えがあるのですが、今回、それをパクらせてもらった感じです。

b1_20170521213336258.jpg


シーンデータはこんな感じになってて髪とジャケットの質感にファーを当てております。
レンダリングにはHDRIとフィジカルサンを使ってますが、背景はレタッチで合成し直しております。
モデリングはほぼ全て ZBrushで作ってて、ZBrush, MODOでリトポしております。
b3_2017052121333990f.jpg


全く同じシーンでカメラアングルを変更してレンダリングした別ショット。 
b2_2017052121333860c.jpg


毎回そうだけど、和風展に投稿した後に「ちょっとネタを絞り出さんといかんなぁ。。」という思いに捕らわれる。

という事で後は他の人の作品を鑑賞しようかな。。^^;

第11回 和風展 1枚目

Posted by thattori43 on 15.2017 雑記   0 comments   0 trackback

久しぶりにCGネタを書いてる気がします。^^;

とりあえず、始まった和風展。 投稿 1枚目。 

昨年秋頃に作ったモデルさんですね。
あれから自分の審美眼も結構変わってきていて、今ではちょっと気にくわないモデルなのですが、「まあ、いいか。^^」って感じで使って行きました。

皆さん、あれこれ構図に気を使った力作をポンポン出す中、自分だけちょっとしたピンナップ的な絵に止めてるところにちょっと引け目を感じるところなんだけど。。 まあ仕方ない。 参加する事に意義があると思ってるから。

準備不足ではないんですよね。。。 どちらかというと、ネタが思いつかないから準備が出来ないといった感じなんですよね。。 和風展って。。
samne.jpg


シーンのモデリングとしてはこんな感じで1発レンダリングの後にPhotoshopで色補正を主体としたレタッチをしてます。
scene_20170515212024817.jpg


髪はいつもの様にZBrushのFiberMeshを使って植毛、スタイリングの後、これをカーブ出力してMODOファーのガイドとして当てております。
こんな感じの髪を作っておけば和風展に使えて重宝するかも知れないなぁ。。と去年の秋頃考えていた事が功を奏した感じになりました。^^
wafu_hair.jpg


小物の籠なんかもZBrushのMicro Meshを使ってサクッとお手軽作成。(お手軽な分だけ、結構ハイポリなんだけどネ。)
kago.jpg


今回の和風展の投稿期間が変更になった様で締め切りは6月11日まで延期された様です。

延期された様だけど、まあ、個人的には和風展の期間が始まってからネタ考えてDAZフィギュアでちょちょっと作った絵を後半に持ってこられてもよーコメント出来んから、、 今回もサクッと行きたいと思います。

第11回 和風展

Posted by thattori43 on 12.2017 雑記   0 comments   0 trackback

 毎年3月に開催されていたDAZ,Poser陣を主体とした和風展。
変則的ながら今年も明後日から開催されるようです。 そう、明後日から。

第11回という事ですごいですね。。 これの意味するところって11年間続いているって事だよね。。

今年の開催時期っていつになるのだろうなぁ。。 と思ってたんだけど、開催を知ったのが4〜5日前くらい。

当然、準備はしてませんです。。。

う〜ん。。 

ここには過去使った部品なんかは極力使わないようにしようと思ってたんだけどなぁ。。
困ッたなぁ。。

日が無いので新規にモデリングとかしてる余裕が時間的にも精神的にも無いので。。。
とりあえず、「あっ、これどこかで見たことある。!!」みたいな絵を投下していくしか無いかな。。。

ということで下図は今回のバナーらしい。

510b987a5ab0577dd038bada520e795e.jpg


バナーも凝ってるよね。(^^ 流石ですね。

本当にすみません。 今回はさらっと行かせてもらいます。。^^;

耳コピだけでもめげる

Posted by thattori43 on 10.2017 Logic Pro X   2 comments   0 trackback

勉強と慣れを目的として幾つか既存の曲を持ってきて耳コピをしている。

mimi_copy.jpg

やってる手順としては、

1.Logic Proでトラック1に既存曲のオーディオデータを読み込む。(耳コピする対象の音楽)
2.ドラムパートの様なリズムパートを頼りに曲のテンポを解読してLogic Pro側のテンポを曲に合わせる。
3.楽器の各パート毎に地道にオリジナルを聴きながら1小節づつ読み取って入力していく。
4.音量が小さい楽器はイコライザーを使って音質の帯域を強調させて読み取っていく。

といった流れになると思うんだけど、忠実に再現しようとすると幾つか壁にぶち当たる。

一つはコード(和音)の理解が全く無いので全て単音でしか入力できるスキルが無い事。
もう一つは音色の問題。
Logicには多数のソフトシンセサイザー、サンプラーなんかが搭載されているのだけど、狙った音色にチューンする技術が今の私には無い。。(かなりの慣れが必要なんだろうなぁ。。)

耳コピ一つでも音楽的センスがかなり問われる作業だという事が痛いほど理解できる。。
音色って奥が深いですよね。
  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: