Loading…
07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキンマテリアルのちょっとしたチェック

Posted by thattori43 on 13.2015 modo関係   4 comments   0 trackback

 少し前に「TEN 24 3D SCAN STORE」という3Dスキャンデータの販売サイトで3Dスキャンされたおっさん(下図)のシーンデータがMODO用でフリー配布されておりました。(こちら

MODOのデータなので「これはとてもスキンシェーダーの勉強に良いなぁ」と思ってゲットしてあったのですが、最近、現在進行形で人物モデリングをしてるのでちょっと見ておこうという事で。。
skin.jpg

このデータ、たまげた事に肌のカラーテクスチャ解像度が1万pixel x 1万pixelといった超ハイレゾ。
一般趣味レベルではこういったハイレゾなカラーテクスチャってそうそう入手できるものでは無いのでめげそうになりつつも。。
CGでも胸像メインで作られてる方なんかはこれくらいのハイレゾを使うのかしら。。?

でもって、マテリアルは?というと当然、MODOでも肌専用で用意されているスキンマテリアルで構築されている。
これは人間の皮膚の構造をある程度光学的にシミュレート出来るような目的で組まれている感じのシェーダーで皮脂層、表皮、真皮、皮下組織といったレイヤーに分かれたそれぞれ独立にパラメータを設定出来る様な構造に。

このマテリアルは、はっきり言って複雑すぎて私は普段使用した事が無いです。^^;
今回のデータもディフューズ、SSSといったカラーをコントリールするマップ3枚、またスペキュラ量、反射量、フレネル量なんかをコントロールするマップといった超重装備。
実感的にピンと来にくいのでちょっと簡単なマップのアサイン表を作ってみるとこんな感じ。
サブサーフェスが階層化してるんだよなぁ。。

おっさんサンプルのマップアサイン表:
skin_Shader_20150513152419c61.jpg

確かに高いクオリティが得られそうなんだけど、私としてはどうだろう?

1)まず、私が作る絵は多分、大きくても縦横2000pixel位だろうし、その中に顔のみでこんなにpixelを割くことは稀だろうな。。という事。
 (高いクオリティを表現する為にはそれなりの大きなpixelキャンバスが必要だなぁ。。という事。)

2)デフォルトシェーダーでちょっと組んでみたマテリアルとの差異はどうだろう?
 (多大な労力を投じて得た結果と、ちょっと組んだいつものマテリアルとの結果の差異は満足行くか?)

2)の確認として、このデータを使って私が普段組んでいるありきたりなデフォルトシェーダーを組んでみた結果が下図。
def.jpg

問題として、このデータ、眼球の表面を覆うガラス質な質感以外は眼球もシャツもひっくるめて全て同一マテリアルにアサインされちゃってるから今回は皮膚の部分だけをチェックの対象としよう。

因みに、デフォルトシェーダーではディフューズのカラーマップとBUMPマップのみを拝借して作ってみた。

簡易的に組んでみたデフォルトシェーダー
def_shade.jpg

なんとも言え無いけど、こちら側の絵だけ見せられればそれはそれで悪く無いんじゃないか?と思っちゃうね。
ディフューズカラーテクスチャの色味を調整してSSSの効き具合をマップコントロールしてあげればかなり良い線まで持っていけるんじゃないかな。。みたいな。

実際、リグ組んで、ポーズ付けて。。とかいったフィギュア向けモデルにこれ程重装備を与えるとちょっと疲れてしまう。
胸像シーンを銅像的感覚でクオリティ高く作るような機会があったらシーン、ライティングに合わせてとことん調整してみたくなるようなアイテムでした。^^

実際、今回ブログに貼った絵はFC2ブログの画像サイズ制限もあったので縮小してるけど、こんな感じに顔だけでかいサイズでレンダリングしたら確かにスキンシェーダーは綺麗ですよ。^^

まあ、いずれにしても、テクスチャ命って所が大きいですよね。





お久しぶりです。

とてもリアルなキャラクターでびっくりです(@_@;)
それにしてもこんなにもテクスチャを使っているんだ~としみじみ思いました。
やはりレンダリングにも時間がかかりますよね?

Blenderでも設定が再現できるか?データをダウンロードして遊んでいます(^^
リアルなおっちゃんがすぐそこに居るかのようで、ちょっと怖いです(笑)

http://blog-imgs-78.fc2.com/k/i/t/kitaharu/20150513215643f1f.png
Blenderで挑戦中。

…それにしても皮の設定?が凄いことになってますね。
全くどうしたら良いかわからんです…。
…ところで目の光沢が全然入らないのですが、どうやって光源を入れてるんでしょう?(^^;

おっちゃんの解剖図…これは凄いです。

artistsideの作品も拝見致しました(^^
年齢詐称は面白いですね。私も自分のキャラクターが小学生からなかなか先へ進めなくてどうしたものかと思っているのですが、アジア系は全般的に若く見えるからそれはそれでいいのかな?と思ったりしています。

セミリアル系のキャラはちゃんと判断されますが、アニメチックになると「顔はどこ?」ってなります(^^;
2015.05.13 21:59 | URL | 喜多川春望 #xYl2iXZk [edit]
こんにちは、喜多川さん^^

ブログ、いつも拝見しております。^^
最近、YouTubeの方でいろいろ見ているチュートリアルの方がBlenderを使ったものが多くて。。 私も一緒にBlenderを学習しておけば良かったなぁ。。と思うことが結構あります。

今回のおっさん、BlenderでもCyclesの様な物理ベースレンダラを使用するととても綺麗にレンダリングできると思います。
MODOデータでの補足としましては、
・光源はHDRIによるIBL1灯。 瞳の反射はこのHDRI画像が移っているもの。
・OBJデータに無い情報として、眼球の表面のポリゴンは2重構造になっていて最外層はガラス質感が付加されている。
といった感じです。
普段私は人物はディフューズのカラーテクスチャ、BUMP位しかマップを作って無いのですが、SSS,反射なんかもこの様に細かくマッピングすればもうちょっとクオリティ高くできるのだなぁということを改めて認識させられますね。
SSSのマップなんかはスキンシェーダーを使ってることもあって多重に当たってますが、Blenderでこれが出来ないのであればどちらか1方のマップを当てるだけでも効果はでかいのではないかと思います。

artistsideの方、見ていただいてありがとうございます。^^
当初このブログから外れて外に出す絵としては出来るだけ自分の満足いくものを。。と常日頃思っていたのですが、時としてどうもこのオキテを破ってしまっておちゃらけた物まで流出させてしまう有様。。^^;
喜多川さんのHow-Oldもかなり若いですね〜。 どんなアルゴリズムになってるんでしょうね。。。
不思議だ〜。

2015.05.14 12:02 | URL | thattori43 #- [edit]
こんにちは!・・・久しぶりにお休みをとったので遊びに来ました~。ヽ(^o^)

先日は 早々に TW のフォローを有難うございました。
今頃になって始めたはイイのですが、・・・
なかなかつぶやく事が出来ない。(-_-;)ゞなんせテレ屋なもんで!(笑
thattori43 さんの”つぶやき”は楽しみにしております。

しかし・・・見れば見るほど凄いリアルなおっさんですね~!
肌専用のスキンマテリアル構成見てびっくり!・・・なんて複雑なんでしょう!(・。・;。

そして、独自のマテリアルも負けていないと思います。(*^_^*)

artist-side もお休み中なので、あまり見ていなかったのですが、最近は「How-Old」流行っているようですね。

でも、何が基準なんでしょうね。(^^ゞ・・thattori43さんの娘さんの年もかなり幼いようですし・・・。あんなにナイスバディーな「11歳」って・・・・(-_-;)!
うちの近所にはいませんね。(・_・;)ゞ(大笑

ちなみにうちの夏菜は16歳でした。少し幼く設定したのは14歳と・・・!(*^o^*)ホっ!
濃い~顔立ちにでもすれば、年齢が上がるかな。^_^
2015.05.16 13:30 | URL | Wing-Ao #qbIq4rIg [edit]
こんにちは、wing-Ao様^^

なかなかにお忙しそうですね〜。農業って大変そうだなぁ。。という事をたっぷりと想像してしまいました。
wingさんのtwitterつぶやきを楽しみにしてます。^^ いざ、twitterを始めるとフォローされてる方々がどんな人なのかいまいち分からなかったりするのでなかなか難しいなぁ。。と思うのですが一応、CGに関しては素人の部類に入るのであまり気にしなくなってきました。 「わしは素人だ」と。^^

このCGのおっさん、とてもリアルですよね〜。。 多分、3DTOTALなんかのギャラリーのキャラクター部門なんかに投稿されてる作品はこういった手の込んだマテリアルの作りになってるんだろうなぁと思います。
私たちがやってるようなシーン作って、ポージングしたフィギュアを置いて。。といった絵とはまた違って正にそのシーン、そのライティングに基づいてしっかりと調整された感じになってるものでしっかりと時間を掛けた1枚になってますね。 これはこれで作りがいのあるものだなぁと思いました。

How-Old, wingさんの娘さんはやはりティーンエイジでしたか。 狙い通りではないでしょうか。^^
どんなアルゴリズムで判定していることやら。
やってて同じカメラアングルでもライティングで2〜3歳変わってみたり、髪型でも結構変わってみたりと。
今回の娘はさすがに30歳以上にはならなかったけど、27歳位になったりと大きくばらつきました。

PS.  YouTubeにアプルスの少女ハイジが全話アップされてるのを発見して思わず視聴に突入してしまいました。^^; 何度観ても良い作品です。(というか本編通しては1度しか見てなかったのですが。。^^;)
2015.05.16 20:37 | URL | thattori43 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/474-e4ba4df5

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。