Loading…
06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

耳コピだけでもめげる

Posted by thattori43 on 10.2017 Logic Pro X   2 comments   0 trackback

勉強と慣れを目的として幾つか既存の曲を持ってきて耳コピをしている。

mimi_copy.jpg

やってる手順としては、

1.Logic Proでトラック1に既存曲のオーディオデータを読み込む。(耳コピする対象の音楽)
2.ドラムパートの様なリズムパートを頼りに曲のテンポを解読してLogic Pro側のテンポを曲に合わせる。
3.楽器の各パート毎に地道にオリジナルを聴きながら1小節づつ読み取って入力していく。
4.音量が小さい楽器はイコライザーを使って音質の帯域を強調させて読み取っていく。

といった流れになると思うんだけど、忠実に再現しようとすると幾つか壁にぶち当たる。

一つはコード(和音)の理解が全く無いので全て単音でしか入力できるスキルが無い事。
もう一つは音色の問題。
Logicには多数のソフトシンセサイザー、サンプラーなんかが搭載されているのだけど、狙った音色にチューンする技術が今の私には無い。。(かなりの慣れが必要なんだろうなぁ。。)

耳コピ一つでも音楽的センスがかなり問われる作業だという事が痛いほど理解できる。。
音色って奥が深いですよね。

タイトル通りですが、ダイアトニックコードって聞いてことがありますでしょうか?

「ダイアトニック・コードとは?」
http://rittor-music.jp/guitar/column/guitarchord/457

これが理解できるとコードなんてあっという間に分かるようになりますよ(✿´ ꒳ ` )
ちゃんと理解するには倍音などの音の成分が関わっているのですが、難しいことは置いとくとして、例えばCメジャーキー(ハ長調)のよくあるドレミファソラシドの曲があったとします。

ド~ミ~ソ~というメロディがあったとした場合、コードは自然に決まりまして「C MAJOR→E minor→G MAJOR」というコード進行になります。これは音楽的な決まり事で、音で見るとわかりづらいのですが、音階を数字に当てはめると簡単なのです。

※ちなみにMAJORコードは省略している事が多いため単純にCとしか出てこないことがほとんどです。マイナーキーのみ○mと「m」が表記されています)

もうちょっと詳しく書いておきたいですが、わからないと何を言っても呪文のようになってしまうのでひとまずここまでにしておきます(◍´◡`◍)

ということで、メロディさえコピーできたら、和音はそれとなく分かるんです。複数の音を聞き分けるには絶対音感が必要です。これは幼少の頃から鍛えてないと身に付けられないため身につけてない場合は相対音感を使うしかありません。

なので、単音を聞き取ることができれば大半は十分かと思います。
2017.05.11 23:15 | URL | 喜多川春望 #9EzsPSXI [edit]
こんばんは、喜多川さん、

ご教示ありがとうございます。m(_ _)m
現在の時点で完璧なというか、十分な理解に至っていない事が心苦しいのですが。。^^;
「コードは自然に決まって〜コード進行になります」あたりが本当に分かっておりません。。

不協和音にならない音階の法則というものがあるのでしょうね。。
基本的にこの理解が全然出来てないので頑張って身につけたいと思います。。^^;

CGの場合は「基礎から順を追って勉強していく」という行為を取らなくても興味のあるところから掘り下げていくという勉強方法を取っていたのですが、音楽の場合は勝手がかなり違うので戸惑いを覚えております。
まず何を覚えて。。という事をしっかりと考えてやってかないと前に進めない感じがしますね。

教えて頂いたURLも含めてもう少しこの辺の記事を漁って読んでみたいと思います。
難しいなぁ。。
2017.05.12 19:28 | URL | thattori43 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/559-006fddc3

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: