Loading…
10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粗彫り

Posted by thattori43 on 02.2014 スカルプト(3D-COAT)   7 comments   0 trackback

3D-COATでスカルプトの練習をしつつ、寝る前なんかにインターネットではZBrushの使い方、チュートリアルなんかを調べている。(なんか買う気満々になりつつある。。^^;)
ZBrushの日本代理店はオークとボーンデジタルの2社である事を最近知った。^ ^;
一応、ボーンデジタルストアのアカウントを取得した。^^

今、まがりなりにも3D-COATでスカルプト出来てるからとりあえず要不要を含めて最終吟味状態。
MODOも結構吟味したつもりなんだけど、それ以上に吟味してる状態。

造形という意味においてはZBrushの出来る事は3D-COATの上を行く事は確からしいのだけど、自分の造形力を考えると宝の持ち腐れになってしまわないか?とちょっと不安なのでありまする。^^;

以下は、 いつもの彫り練習からピックアップしたもの。 まだまだ部分的な練習に明け暮れてて1枚の絵を作ってみようと言う気にはなれてないですね。

手 粗彫り10〜15分位  曲線ツールから彫り始め
hand.jpg


顔 粗彫り1時間半〜2時間位 ffかたまりから彫り始め
face.jpg

スポンサーサイト

スカルプト練習

Posted by thattori43 on 26.2014 スカルプト(3D-COAT)   0 comments   0 trackback

LiveClayでディテール彫ってみた。 頭部全体で150万ポリゴンっぽい。
どうせノーマルマップ作成になるのでペイントスカルプトでも良い気がするけど、なんか彫刻やってる気分がグッと出るね。^^
スカルプトオンリーな絵を1枚作ってみたくなった。  
detail.jpg


体の造形練習なんかも始めた。 やはりオーガニックな造形、粘土細工だと早い。(これで1時間位)
body.jpg


3D-COATでそこそこ作れる様になると、ZBrushの優位性が正直言って分からない。 
憬れるアーティストは皆ZBrushで造形しているので、3D-COATがこれに匹敵する造形が出来るポテンシャルを持っているのかどうかイマイチ定かでは無いなぁ。
あっと驚く様な作品が3D-COATのアーティストから出たら3D-COATで頑張ろうという意欲がすごく湧くんだけどなぁ。。
誰か美しい作品作ってくれないかなぁ。。^^;

使用ソフトの選択ってそういう要素でかいよね。^^

無題(彫り〜 そろそろ体やろうかなぁ)

Posted by thattori43 on 23.2014 スカルプト(3D-COAT)   0 comments   0 trackback

  頭ばかりやってないでそろそろ体含めた全体像をやってみようかなぁ。。 
そろそろ手持ちの正面写真もネタが尽きて来た。 

頭だけなら彫り始めて1〜2時間である程度の所までいくけど、体はどうだろうか? 
人体はポリゴンモデリングと上手いスカルプトではもう雲泥の差があるので難しそうだ。 リアリティを出すにも筋肉の流れを意識した造形という物が必要になる。

Pinterestなんかで「ZBrush」で検索すると美術室にあるような石膏像みたいな美しい説得力ある造形が多々見つかる。
ちなみに「3D-COAT」で検索するとまず美しい造形は見つからない。^ ^; あ〜あ。。

体験版が無いのが心残りなんだけど、3D-COATもうちょっと修行を積んだらZBrushに移ってみようと決めました。^^
なんか、ZBrushは上手い人と挫折組しかいない様な感じで敷居が高そうだ。^^;

もう頭スカルプト20人以上やったから体全体の練習に切り替えます。^^

上手い人の造形ってテクスチャを描かなくても造形だけで上手いって分かるよね。 非常に憬れます。

練習だからAUTOPOでリトポしてる。
s4.jpg


で、Agni's Philosophyって何?
s1.jpg

無題(彫り)

Posted by thattori43 on 08.2014 スカルプト(3D-COAT)   0 comments   0 trackback

 私は「物には魂が宿る。」という言葉を比較的信仰している方であります。
自虐的な話ではあるけど、例えば高価な品物なんかを買う場合なんかは特にですが、とても慎重に考慮する。

例えばこういう話があります。 
ここにピアノを買いたいと思う人がいたとする。 ピアノCDなんかで聴いてもその美しい音色からどうしてもスタインウエイ&サンズのピアノが欲しい。 でもその人はピアノを始めたのも大人になってからで、それまで楽譜も詳しくは読めない、週一回の大人の趣味のピアノ教室に通い始めたばかりといった程度である。 
ここでその人はこう思う、
「私なんかがこのピアノを買ってもピアノからしたら浮かばれるだろうか?ピアノにしても著名な音楽家、演奏家に所有して貰って美しいメロディを奏でた方が幸せなのではないか?」

時として世の中の万事の物に対して当てはめて考えると、「この肉まんは私が食べて良いのか?」、「このMacは私に使われて幸せだろうか?」、云々。。 

なんて自虐的な思想だろうか。^^; 

例えがかなりオーバーだったけど、こういう考えはソフトウエアの様な実体の無い01の電子情報にも当てはまるだろうか?

前置きが長くなったけど、まあ、一般的な思想として、YouTubeなんかで観るチュートリアル、観るチュートリアル全部使用ソフトがZBrushなので、私もこれを1度使ってみたくなっちゃってるんですね〜。^^;
Pixologicのサイトなんか行くと今では体験版みたいなバージョンは無さそうなので使ってみたかったら1発11万払って購入するしかないんですよ。^^;

ということで、スカルプトに自分の体が順応しなければ11万ドブに捨てる様な物になってしまうので「今、3D-COATでひたすらスカルプトの練習をしておる。」って感じ。

とりあえず、ポリゴンモデリングに比べたらまだまだ大味な感じなんだけど、そこそこ大雑把に思った形状が作れる様になってきた。
また、ポリゴンモデリングに比べると、目的な造形アプローチが格段に早いのでそれだけ早く見切る事が出来る。

相変わらず、1日 1faceスカルプトってのをやってる。 インターネットから適当な真正面を向いてる画像を拾って来てはそれをリファレンスとして彫ってみたりしとります。^^ もう、通算15〜6フェイスくらい彫ってみた感じになる。

マキアージュCMの頃の伊東美咲さん。  どれもそうだけど、同じ写真の横顔(側面図)が無いのでZ方向の彫りが甘い。
scul1_20140908190105d5e.jpg


デフォルメキャラ。(池田直人さんという方の絵) 個人的な話だけど、顎の細いキャラの造形って超苦手。^^;
scul2_20140908190106b1f.jpg


まあ、3D-COATに比べてZBrushがどんだけ彫り易いか? という疑問もあるのでなかなか購入に進めない。^^;
ところで、ZBrushってMODOの様に年間を通じてセールみたいなものって実施されるのでしょうか?^^;

無題 (スカルプトの練習 3D-COATでのフロー)

Posted by thattori43 on 01.2014 スカルプト(3D-COAT)   0 comments   0 trackback

 3D-COAT買って3〜4年経つけど、はじめてこの工程を3D-COATだけで1通してみた。

今回はUV展開がさらっと出来たので良かったけど、UV展開は複雑になってくるとやはりMODOの方が断然やり易い。

その他、スカルプト、リトポ、3Dペイントは3D-COATの方が使い勝手が良いと思う。
ただ、テクスチャガンマとか色彩といった色空間の扱いが3D-COATだとどうも分からない。(まだ理解してない。)
 
一通り通して3時間くらいの作業量だろうか。 スカルプトになれて来たのでざくっとした造形であればポリゴンモデリングによる造形と比べるとかなり早く出来るようになった。

steps

  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。