Loading…
06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

他ツールとの連携に絡んだ3D-COATのスカルプトフローに関して

Posted by thattori43 on 25.2014 3D-COAT関係   8 comments   0 trackback

 3Dでスカルプトをするにあたって私が最初に手にしたソフトは3D-COATです。
4年前に購入したのですが、当初私はこのソフトを3Dペイントのツールとしての目的で購入しました。
実はこの3D-COATにスカルプトの機能が付いていると知ったのはこれを買ってからでした。^^;

スカルプト自体をもうちょっと本格的にやってみようと思ったのがつい最近なので、その土俵を3D-COATからZBrushに変更するのにかなり時間を使ったわけだけど、かなり前からZBrushで作られた作品の美麗さに憧れておりました。
なかなかZBrushの導入に踏み切れなかった理由の一つにスカルプトフローと他の3Dツールの連携方法がイマイチ明確に把握できなかった点があります。
今から考えると結構シンプルな事なのですが、最初に3D-COATを使い始めた為にこの辺りにちょっとした先入観、誤解みたいなことを生じてしまっていたのですね〜。 

ということで、比較的3DCG初心者の方の為に3D-COATのスカルプトについて他ツールとの連携に絡んだ部分を
書きます。

3Dでのスカルプトの用途の一つとしては、もう既に存在するポリゴンモデラー等の他ツールで作ったモデルに対して例えば服の皺、皮膚の皺といったディテールを付加する目的の様な3D-COATに対してモデルをインポートして使用するケースがあります。

この場合、元々のモデルのトポロジーを維持したいか?維持しなくて良いか?によって踏むべきスカルプトフローが大きく違います。

下図が3D-COATの機能俯瞰図なのですが、ここでスカルプトと呼ぶべき機能が赤丸で囲んだ3つのモードに大別されます。
3dc_20141125154726c01.jpg


ポリゴントポロジーを主眼において話すと、

①paintスカルプトモード
 ペイントブラシによってモデルに凹凸を施します。モデルに付加された凹凸情報は全てノーマルマップ、ディスプレースメントマップといった深度情報を表現する画像マップとして保持されますのでオリジナルのモデルのポリゴントポロジー、頂点座標等の形状情報は一切変更されません。

②頂点移動スカルプトモード
 こちらはオリジナルのモデルの持つ頂点座標に移動変更を加える事により形状の凹凸を変更するモードです。
こちらもオリジナルのモデルに対して新たにポリゴンを加えることなく形状変更するモードなのでオリジナルのポリゴントポロジー、頂点番号等が一切変更されません。

③ボクセルスカルプトモード
 大きくボクセルモード、サーフェスモードと2つのスカルプトモードがありますが、これがポリゴン分割を伴ってハイポリにがつがつディテールを彫り刻んでいくモードです。
 こちらは外部ツールからのモデルをインポートした時点で3D-COAT特有のメッシュ構造(ボクセル)に変換されてしまいますのでオリジナルのポリゴントポロジーは維持できません。

3DーCOATのUI上では上記の①〜③のモードはそれぞれペイント、調整、ボクセルといった下図の独立したpane(ルーム)で行うことになります。

pane.jpg


要点のみかいつまんで書きましたが、③のボクセルスカルプトモードでがっつり彫り込んでいく方法をとりたい場合はオリジナルモデルのポリゴントポロジーを一切保持出来ないということです。
なのでアニメーション様に作ったのでポリゴンフローを保持したい、とかUVマップを保持したいといった他ツールとの連携を考えた作業フローをとりたい場合、3D-COATでのボクセルスカルプトモードは不向きと言わざるを得ません。
ボクセルスカルプトモードでの造形はリトポロジー、UVの再展開を伴うと考えた上でフローを考えましょう。


余談ですが、私はこの3D-COATの仕様に対してZBrushってどんなフローが取れるのかな〜? と疑問に思ってたのでZbrushの購入を結構躊躇してた面があります。

3D-COATのリトポって便利ですね

Posted by thattori43 on 23.2014 3D-COAT関係   2 comments   0 trackback

 ワークフローの中にもうちょっと3D-COATを取り入れようと今更ながら3D-COATの機能を色々チェックしてるんだけど。

MODOのトポロジペンって便利だなーと思ってたんだけど、3D-COATのマニュアルリトポってこれ以上に超便利な事を今更ながら知りました。
ストロークでポリゴンの流れを指定して行ってリターンキーで面貼り。 またトポロジペンの様に簡単に面貼りしていけるのね。^^; また、ブラシを使って貼った後の面を整えたりと。 かなり便利ですね。^^

retopo


ということで、コスプレ娘。 以前sannziさんに頂いたお年玉を使って1枚。^^

ちょっと全体的に緑過ぎる。。
arrietty


  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: