Loading…
10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Extendedって。。

Posted by thattori43 on 12.2013 ソフトウエア   0 comments   0 trackback

 最近ホットな話題だったCS2の話ではないけど、adobeのphotoshopに関して。

サブスクリプションではない従来のライセンスでPhotoshop CS6(Extendedでは無い)を使用しているのですが、現在の最新のオンラインアップデートを当てた後からでしょうか(バージョンは13.0.3になります)、Photoshop CS6を起動するとスプラッシュがPhotoshop CS6 Extendedと表示されて、おまけに下図の様なダイアログが立上がる。

adobe_issue


Extendedのライセンスを持ってないので当然ライセンス認証は出来ないし、「体験版の使用を続行する」を選択しないとアプリが使用出来ない状態になりました。_| ̄|○

こういうモードに陥ると、もうとたんにストレスが絶頂に達してしまいますね〜。

同様な不具合に陥ってる方の事例をちまちまWEBでググることをスキップして直接adobeサポートに問い合わせのTELを掛けました。
 どうやら同様の不具合に陥ってる事例が多々あるようでアップデートがバグを含んでいる事をあっさりと認められました。 なんでも2週間程度で修正のアップデートがあるようで、それまでは我慢して体験版としての使用を続けて欲しいらしい。 勘弁して下さいって感じです。

取りあえず、modoの話。
ネットが復活してからというものDAZ Studioをちょろっと触る以外は殆どmodoの学習に時間を割いております。
基本的に寝る前にiPadでYouTubeに上げられているモデリングに関するチュートリアルなんかを漁って観るのと、
Macの前に座っている時は実際にmodoを起動してその他の機能の実践をトライすることを行っております。

モデリング以外の覚える優先順位としては

1. シェーダーツリー
2. ライト、レンダリング(機能)
3. ファー、ボリューム、パーティクルといった特殊素材
4. UV,3Dペイント
5. ボーン、アニメーション関係

といったところでしょうか。4、5あたりは優先順位はすごく低い。
この手のソフトって使いこなせる様になるには時間がかかるね〜。

まだシェーダーツリーやってます。(^ ^; とりあえずSkin materialを使うのは当面あきらめてオーソドックスな調整を行っております。(^ ^; 前回よりはかなり良くなって来ました。(^ ^
modo_skin

スポンサーサイト

iPad日記2

Posted by thattori43 on 14.2012 ソフトウエア   0 comments   0 trackback

いい加減嫌になるのだけど、フレッツ光の施設工事待ちということで、相変わらずMacでインターネットに接続できない不便な状態が続いております。^_^;
全てのインターネット作業をiPadで行ってるので、毎日夜には電池の残量が20%を切る様になってて、毎日充電する日が続いてる。

さて、今日はエディタの話し。

基本的にコンピュータを主に扱う仕事をしている方はよくご存知だと思うのですが、このエディタに類するソフトウエアは非常にこだわって気を使うものです。
脳と直結するツールなので作業効率を大きく左右するし、場合によっては成果物の出来なんかにも大きく影響を与えたりするのではないでしょうか。
例えば、テキストエディタならvimとか、あと、CADツールなんかもそうだけど、自分にしっくりと馴染むものを長く使っております。

で、ここから3DCGのお話し。

3DCGで言うエディタに類するものは、やはりモデラーになると思います。

で、ポリゴンモデラーとして、私はDAZ のHexagonをずっと使っていたのですが、Mac版を使っているからかも知れないのですが、いろいろ憤りを感じる事が多くて。。

例えば、突然ビューが凍りついて、正面ビューから他のビューに変更出来なくなったりだとか、ユニバーサルマニピュレーターが消失してしまって編集不能状態に陥ったりとか。。
こういう場合は一度Hexagonを再起動である。(セーブする余地があるだけ救いなのだが。)
細かい事を言うと、メッセージダイアログの文字が読めなかったりといった基本的な不具合なんかも残っていたりする。

良いモデラーなのだけど、どうもこいつを100%信用する事は出来んなぁ〜。。 という事態に陥る事が多すぎるのだ。
有料のときに購入したのだけど最近はフリーになってしまったから今後のサポートも不安だ。

ということで、私にとっての第2のポリゴンモデラーとなるソフトを密かにいろいろ吟味してたのだけど、そういう矢先にmodoがキャンペーンで安くなってくれたので、ちょっと迷ったけど購入してしまいました。^_^;
modo


こういうソフトを買う時って、大概は体験版なんかを試してみて自分の手にシックリと来るか確認してから購入するのですが、今回はぶっつけ本番になります。^_^;

今後もHexagonと併用するとは思うのですが、徐々にメインをこちらに変えていければと思います。


PS.
そういえば、ネットワークまだ確立できてないから、ライセンスのアクティベートもお預けだなぁ〜。。。

色管理(その2)

Posted by thattori43 on 23.2011 ソフトウエア   0 comments   0 trackback

 先週末から雨が降ったり止んだりで気温が結構下がって来ていますね。(あ、関東周辺)
エアコンを着けるかどうか迷うところですが空気が湿ってるので着けてます。

 昨日の今日で恐縮なのですが前回書いたPhotoshopでの画像の見え方(色合い)の違いなのですが、再度いろいろネットをググったりで取りあえず解決出来ました。 やはり写真家の方とかにはは当たり前の話だったりしちゃいました。浅はかな私に自己嫌悪。。 ということで、昨日の今日でちょっと書きづらいのですが以下は覚え書き。

■覚え書き
 結論から言うと、もっとKyotaroさんのブログをもっともっと注意深く読んでいれば回避出来た話になります。注意力散漫な私に自己嫌悪。該当箇所は「ガンマのはなし その4」にしっかりと書いてありました。(Kyotaroさんごめんなさい。そしてありがとうございます。色々ググったのですが私の欲する情報がこれ程的確に記述されていたのはKyotaroさんのブログだけでした。)
尚、下記は推測で書いている事項もあるかも知れません。(^ ^;

 ポイント1: MacはColorSyncという強力なカラーマネジメントをカーネル直下のレベルで持っていてOS
       を初めとするappleのアプリ(その他も)もこれによりWYSIWYGを実現している。
 ポイント2: モニタのプロファイル、キャリブレーション結果もColorSyncで管理されている。
 ポイント3: Macで画像データを開くと、その画像にカラープロファイルが設定されていたらその
       プロファイルに沿ってカラーマネジメントが働く。
       (Safariを始め、どのツールで見ても同一色合いに見える)
 ポイント4:画像データにカラープロファイルが含まれていない場合Macではそのモニタのカラー
       プロファイルを適用して画像を開く。
 ポイント5:Poserの出力画像データにはカラープロファイルが含まれていない。

ここから話をPoser出力画像に限定した場合、Photoshopで画像を開く時にカラープロファイルが設定されていない為Photoshopは警告(注意)を表示し画像に適用するプロファイルの選択を聞いてくる。
この時、今までの私は作業用RGBを指定でsRGB IEC61966-2.1を選択していたのですが、これがマチガイ
上記ポイント4に基づきプロファイルを指定してモニタのプロファイルを当てるべきだったのです。
それでもって、画像を読み込んだ後に色作業空間をsRGB IEC61966-2.1に設定するべきだったのです。

Windowsの場合はカラープロファイルが設定してない画像を開く時はsRGBを適用する様です。(VISTA以降)
これを考えるとこの問題に遭遇する確率としてはMacユーザーの方が高いという事が理解出来ます。
カラープロファイルに疎く、またPhotoshopのこの辺りの挙動に疎い私はずーっとこれで悩んでいた訳です。
もっと早くから気合いを入れて注意深くネットをググっていれば回避出来た問題でした。。

でも考えると、2Dのイラストを描いていたり、Photoshopを画像作成の出発点にしている様なMacの人達はこの辺りの問題に気付いて無い人もいるのでは?と思ってしまいます。あるいは私の様に現在でもこの問題に悩んでいる人も。(この辺複雑すぎますよね。。)

ちなみに、私は問題のモニタのキャリブレーション(ガンマ補正とか)は真剣にやってなかったりします。
人間それぞれ色の好みとか個人差とかがあるので逆に設定を歪ませてしまいそうで恐いのです。(^ ^;

という事で、この問題は取りあえずクローズと言う事で。(^ ^;

■ブログヘッダー更新
まだまだ残暑もあるでしょけど、とりあえず水着はおしまいにしておこうとブログのヘッダーを更新です。
ティアラくらい自分で作っても良さそうな物なのですが、まあイイかって事で。

クレジット:
DAZ Victoria 4.2: -- お顔をモーフ、Hexagonで改。テクスチャー改。
Sissy Le Beaux Hair Sets: -- StudioArtVartanian (レンダロ)
ティアラ : -- fabianaさん (レンダロ)
ネックレス:       -- parrotdolphinさん (レンダロ)
ヘアコサージュ: -- sanziさん (PoserClub フリースタッフ)
衣装(Seasons): -- Madaさん、Thormeさん (DAZ 3D)
DM's Fantasy Musings: -- Danieさん、marfornoさん (レンダロ)
Flinks Instant Meadow Complete: -- Flinkさん

気になるソフト(Marvelous Designer2)

Posted by thattori43 on 05.2011 ソフトウエア   0 comments   0 trackback

 気付くとアイスばかり食べてるのでなんだか夏バテ気味。。手足がだるくて食欲もあまりなし、思考も虚ろ。 冷たい美味しいソーメンとかが食べたいと思っている今日この頃。

今日はちょっと気になるソフトのご紹介。といっても知っている人は十分知ってるのでしょうね。

ソフト名は下図に示す「Marvelous Designer 2」というもので図中に示す様な3Dの洋服を比較的簡単に作れる物。
marverous_designer2


どういう風に作るか? というと2D画面上で洋服の生地となる図形を描画し、それを3Dシーンに持っていき、Poserのクロスシミュレーションの様に作る事が出来ます。
私なんがか言葉で説明するよりはこの販売サイトにいくつかあるデモ映像を見て頂いた方が一目瞭然です。(ここです)
Poserなんかの事も考えてあってDAZVictoria4.2なんかもアバターとして読み込み可能でPoser衣装を作るのなんかに役立ちそうです。

購入スタイルとしては3種類用意されてる様で$199,$699,$1,999のタイプがあります。これはこのソフトで作ったデータの扱いによって変わります。(3Dデータの販売として使うなら$699より)

私も体験版を落としてVictoria4.2をベースとした簡単なショートなTシャツを作ってみました。

Marvelous Designer2で作ったTシャツを3D-COATのピクセルペイントで読んだ図(Tシャツの縁はHexagonでちょっと縁取りしました)
3d-coat_marv


ダイナミッククロスライクに作るのでポリゴンメッシュは左右対称にはならず、また図の様に三角ポリゴンになるようです。(グルーピングとか面倒くさそう)
ただ、驚くのはこのダイナミッククロスのシミュレーションの早さと手軽さで、実際この形状を作るのに5分とかかりません。

購入しようか($199のもの)どうか迷いましたがソフトがWindows版しかないのでちょっとなかなかモチベーションが湧いてない状況です。(私の中でのWish Listの一つにはなってます。)

このTシャツはMacのParallels Desktop上のWin7で作りましたが、動作自体は軽快でストレス無しでした。

英語のマニュアルを落として一通り読みましたが、布の質感、柔らかさ、厚み、テクスチャーとかもセット出来る様です。

お金に余裕ができて来たら購入してみようかと思っております。(あ、でも$199のものね。)



Painter12

Posted by thattori43 on 30.2011 ソフトウエア   0 comments   1 trackback

 きゃーっ!!出ちゃったCorel Painter12。 新品高っ!! しかもアップグレード版でも高っ!! 28310円って。。 つい最近Photoshop買ったばかりなのに。。

一応、書かれてる新機能を見るとWindows64ビットにはネイティブ対応したっぽいけどMacは記述が無いですねぇ。その他新機能を見ても魅力的な機能付加は?あるのかなぁ?どうだろ。

うーん、しばらく様子見だな。うん、そうしよう。

Painterはソフトとしてはもう十分完成した感があるしなぁ。。 と言ったりして(^ ^;

 元々3DCGにのめり込む前は2Dメインでやってて、この時メインで使ってたソフトがこのPainter(私はPainter11)。
ワコムのペンタブレットと組み合わせるとPhotoshopとはまた違ったイイ味を出してくれるのですよねぇ。(アナログチックな絵をコンピュータで描くのではこのソフトが最高峰だと思います。)
但し、Painterも結構不安定なソフトで、数時間かけて一生懸命描いた絵も一瞬でクラッシュしてくれたりするのでまめなセーブが必要だったんだけど、これは改善されたのかなぁ?

もう、この辺りのソフトって維持費も高すぎ!ソフト専門でお金を稼いでる会社だから仕方が無いのかも知れないけど、こういうの見てるとapplesnow leopard, Lionとかってものすごく良心的ですよねぇ。

  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。