Loading…
06« 2011 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IDLについて

Posted by thattori43 on 29.2011 Poser関係   0 comments   0 trackback

 先日Forum3Dの方でちょっと粗相をしてしまったので反省しております。

PoserでのIDL(間接照明)に関するお話だったのですが掲載面(ページ)に対する私の記事の占有面積を極力抑えようという思考が働いたこともあって、非常に言葉足らずでpoorで更には正確さを欠く情報を記述してしまいました。
という訳で反省の意味も込めてIDLに関する私の理解と、IDLを使ったPoserシーン構成で私が行っているライティング,シーン作りに関して書いてみたいと思います。


まずは3枚のレンダリング画像を見て頂きます。

・3枚に使用したライトは全て同一で1灯のInfiniteライト(白),Intensityは80%,レイトレース影有り、AO無し。
こんな感じです。
Lighting

3枚の画像は全てPoserでのFireFlyレンダリングでSmooth polygons,Use displacement mapsをON,
画像はそれぞれ、

①画像1: レンダーセッティングはAuto SettingsでのFinal。
②画像2: レンダーセッティングはFinal相当で、Manual SettingsでIndirect LightをON.
③画像3: レンダーセッティングは②と同一。(詳細は御述)

①画像1: レンダーセッティングはAuto SettingsのFinal。(クリックで拡大)
Normal1

②画像2: レンダーセッティングはManual SettingsでFinal相当+ Indirect LightをON(クリックで拡大)
IDL1

③画像3: 上記②のレンダーセッティングと同一。但し、シーンにもう一つ追加Propをしている。(クリックで拡大)
IDL2

上記③の画像は過去私がレンダロに投稿した画像です。但し、今回IDLにフォーカスしてますのでマテリアルの変化の違いも見て頂く為に人物モデルの衣装を光沢のある衣装に変更しております。(BAT Labさんの雷光です。)

上記①と②はIDLのON/OFFの違いになります。Forum3Dでは私はいかにもIDLは明すぎるような記述をしてしまいましたが、これは私が普段IDLを使用する場合に常用する手段(後述の画像③に関する説明になります)をベースに語ってしまったためです。うっかりしておりましたm(_ _)m) Poser使いの大先輩方は「ん?」と疑問を持たれたかと思います。注意力散漫で申し訳ありません。

で、ここからは上記画像③の説明です。
画像③ではシーンに対してもう一つ最終画像に見えないPropを追加しております。

下図は上記画像を作るシーン全体をカメラを引いてキャプチャした物(画像クリックで拡大します)ですが、ご覧の通り人物、建物を含むシーン全体を一つの球体が覆っている事が分かるかと思います。
これは単なるポリゴンプリミティブの球体なのですが、私はこれをいわゆる間接照明の「レフ板」的役割に使用しております。 

球体自体のマテリアルもキャプチャしておりますがAlternate Diffuseにイメージマップを接続しております。ご察っしの通り、このイメージマップを変更すると出来上がる画像の色調もかなり変化します。(ある種IBLに似てますね。)

RuntimeDNAで「IDL???」といったライトの商品がいくつか出ておりますが、恐らくこれも同様な仕組みになっているのかと思います。( Kotozoneさんという方の操・活・解というブログにIDLを使ったライト商品のレビューが載ってます。(ここです))

IDLを使った場合、画像の明度は

 (1)使用するライト強度(Intensity)。
(2)シーンに使用するオブジェクトの量、また設定されるAmbient Value等のマテリアルのValue値。

上記の2つで決まると思います。 また、プレビュー画面では上記(2)の出来上がり明度はなかなか想像できません
のでテストレンダ、チューンニングは必要かと。

たった1灯のライトでこのくらいの仕上がりまで持っていけて、尚かつ接続するイメージでシーンにある種FX的効果も付けられたりするのでPoserを始めたばかりの頃はこの手法をよく多用しておりました。

但し、この私の様な全方位から間接光を受ける様なシーン作りをしているとライトを追加するたびに白飛びだとか、必要以上のテカリなどとの格闘になり、本当の意味での野外快晴シーン(光量が圧倒的に大きい)に近い様な画像を作る事が非常に難しく、気付いたら最近ではIDLを全く使用しなくなってしまいました。(^ ^;

シーン



  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。