Loading…
06« 2011 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

Lionのための準備しようかな。。

Posted by thattori43 on 07.2011 Mac   0 comments   0 trackback

7月に入ってOSX Lionのリリースも秒読み段階。

Parallels Desktopを含めて必須ソフトで動かなくなる事が分かっているもの結構ありそうだけど、やはり新し物好き、早く新OSに慣れたい、という事で基本方針は決したという感じです。

当面OSの2重化かな。。やむを得ないな。

現在の私のMac proのHDD使用状況はこんな感じ。
Mac pro2


スロット3は完全にTimeMachineのバックアップデータとしてのみ使用してます。スロット1のアプリケーションエリア、ホームディレクトリ以下を常にバックアップしている状態。最重要データはスロット1のホームディレクトリ以下に集約してる感じで、TimeMachineとしては1週間分で約1TB位消費してる感じです。

スロット2はOSに依存しない純なデータ領域。映像データは増殖が激しいのでOS領域から分けたという感じで分けてます。 
 ・主にTV録画データとかTSUTAYAでレンタルした映画とかDVDを抜いてmp4変換したもの。
 ・雑誌、書籍等をドキュメントスキャナで電子化したもの。(中でも重要データ(お気に入り)はスロット1のホームディレ
  クトリで2重持ちしてる)
 ・3Dシーン(作品)のセーブデータ。(最悪失ってもイイかな)
スロット2はデータ量が大きいのでTimeMachineの完全守備範囲外としてます。(壊れたら泣くかも)

スロット1のホームディレクトリ以下には最重要なデータが入っていて(iTunesのApp,音楽データ、iPhotoのデータ、ダイレクトメール、年賀状、各種重要覚書、いろいろなアカウント情報、取り扱い説明書、等の重要個人データをスキャナで電子化したもの、インストーラー状態のアプリオリジナルアーカイブ、ParallelsのWin7データ、2Dのイラストデータ、3Dのモデルデータ等)アプリケーション領域と合わせてTimeMachineで保存、1週間毎にバックアップをクリアしてるって感じです。
アプリもバックアップしてる理由はPoserとか、アプリケーションと同一ディレクトリに置いておかないと動作しないデータ、Pythonスクリプト等が存在するため。

多分、ある程度時間が経過しないと動作確認状況が分からないソフトが存在するでしょうから不本意ながらスロット1の完全コピーをスロット4に新規作成し、これを当面のLionの動作確認環境としようかなと思ってます。
(上手くいけばそのままマスターへ)
誰でもそうでしょうけどOSの2重持ちって嫌ですよね~。

Lionに完全移行できた時点で現在のスロット1はお役目終了と言う事で開放予定とする。

まだ一度も使った事がないCarbon Copy Clonerなるバックアップソフトを使用してみようと思います。
当面データの更新管理が大変だなぁ。

ということで週末にHDDを1台買ってこよう。どの道、Snow Leopardとしての最終バックアップは必要だろうし。(最近なんか細かい出費が続いてるなぁ(^ ^;)

いろいろなアカウント情報とかシリアル番号とか全部そろってるか(残ってるか)心配だったっり。。

  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: