Loading…
06« 2011 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

DAZ Hexagon

Posted by thattori43 on 27.2011 モデラー   0 comments   0 trackback

HDZSTND-025-0000009-DCD-001-EBTNWTO

唐突ですが、上記コードは先日(7/13)にexpireしたDAZ Hexagon2.5のpublic beta(2.5.1.52)の有効期間を8/10(US時間?)に延期するコードらしいです。(HexagonがLionで動くかは?です)
今日、Hexagonに関してDAZのForumをググってて見つけました。(今後のHexagonの動向が非常に気になってましたから)

私の場合はこのベータ版の有効期限が切れた段階でMac上から即削除しましたのでもう一回ベータ版のインストーラーからDLしないといけません。

私の3DCG関係は全て趣味なのですが、お仕事でこのHexを使っている方もいるのでしょうかね。
このpublic beta(latest)は現在フォーマルリリースされてるHexを削除してインストールしなければならず、この有効期限が切れたらまた元の現行フォーマルリリースに戻さなければなりません。
WindowsでHexagonを使ってる方はあまり抵抗は無いかもしれません。(と言ってもDAZのForumでは開発チームがかなり叩かれてましたが。。)

私の様なMacユーザーにとってはこの現行フォーマルリリースとPublic Beta版で大きな違いがあります。(方やPowerPC(Rosetta)用、方やIntelCPU対応ユニバーサルバイナリ)

上記のフォーラムでは後何回ベータリリースを繰り返すのだとか、フォーマルリリースは何時するのかといった情報はまだ記述されてませんでした。

Macで動くモデラーという意味では(しかもある程度リーズナブルな価格で)現在3D-COATという物も持っていますが、一言でモデリングと言ってもいろんなアプローチがあって、それぞれ得手不得手があります。 
人体とか動物とか背景(自然系)を一から作っていくのには3D-COATの方が向いてると思います。
キャラクターモーフとかPoser衣装とかの様にあらかじめフォローするポリゴンが存在する場合とか背景(建物系とか角ばったもの)を作る場合はHexagonが向いていような気がします。
実は3D-COATは最初モデリングの機能がついてることを知らずに3Dペイントの為だけに買ったんですよねぇ。
(そのままOBJの形状に塗っていける。Photoshopとかと違って、例えば人物とかの眉毛を描く時なんか非常にアタリをつけやすい)

今、ぱっと思いつくMacで動くモデラー(そこそこ買えそうな価格であること)。
いくつかは体験版もやってみました。

・Blender : フリーなポリゴンモデラーというのは良いけどGUI共に生理的に受け付けなかった。
・Cheater3D : AppStoreで買える。でもこれよりはHexagonの方が安価だし使い勝手が良かった。
・Shade12  : モデラーのみを求めればBasicで十分そうだけど、モデリングアプローチが
        難しそう。(使いこなせないような予感。。)
・Z-Brush   : 3D-COATと同一コンセプトだと思う。とりあえず安価な3D-COATがあるから
        今は不満なし。
・modo501 : これ未知数。体験版をやろうとするとチュートリアルビデオを購入する必要あり。

モデラーはエディタ同様、脳に直結するツールでしょうから自分の手に合ったツールを選びたいと思ってます。(なんかもうHexagonを卒業する気満々?)
  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: