Loading…
02« 2013 / 03 »04
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

modo学習 ドール3 (おめめ、つけまつける)

Posted by thattori43 on 03.2013 modo関係   0 comments   0 trackback

今朝、Evernoteを起動したら同期時にパスワードを求められました。
「ん?」と思ってネットをググるとどうやらユーザーのパスワードがブリーチされたようで恐らくはユーザーの皆さん全員がパスワード変更を求められてるそうですね。 お使いの方は気をつけてください。
私なんかはEvernoteは主にWEB上の記事をクリップしておくために使ってるのでそんなに重要な情報は入れてないんだけど。

 スカルプトを続けてるのですが、なかなか美人になってくれなくてめげそうです。
ちょっと時間をおいて頭を冷やそうと思います。(^^;

とりあえず、気分転換にスカルプトを外れて別の部分を軽くやっておこうと思いました。
どれも今後進めて行く上で更なる微調整を行っていくと思いますので、まずはパートの土台として作ってみました。

(1)おめめつける
 重要なパートとしておめめを作ります。
ここに貼るまでも無い事ですが、解剖学的に記述されるヒューマン・アイの構造。グロいです。(^^
human_eye

3DCGとしてここまで忠実に作り込む必要は無いと思うけど、人間の目としても人形の目としてもある程度透明感のある綺麗な瞳を再現しようと思ったらマテリアル的に考えても単純な球体ではだめだろうな〜っと言う事で以下の様なポリゴン構造を作りました。
eye_struct

DAZのV4なんかの第四世代の目を参考に作りました。CorneaEyeSurfaceはガラスの様な透明な質感なのですが、Genesisの世代からこのEyeSurfaceというものがマテリアルセットから無くなってるので、このEyeSurfaceというのは必要なのかどうか疑問なのですが、一応作っておきました。(^^;

出来映えを見る為に質感のマテリアルを設定してレンダリング。
eye_no_highlight

Poserで見られる瞳に入るシャープなハイライトの質感が得られない。。 この辺、スペキュラーをコントロールしても全然だめ。Poserなんかではスペキュラマップを当ててこのシャープなハイライトを作り込んでるのですが、最近知った事だけどそもそもリアルレンダーの世界ではスペキュラ値は0で行うのが普通らしい。
ただ、レンダリングにおいてはライトの光源自体が不可視なのであくまでもスペキュラは疑似手段となるものなんだって。
modo関係の記事を色々書いておられるブログZで行こう!なんかにも目にハイライトを入れる記事があったので、ちょっと真似てみたのですがなかなか思う様なスペキュラが得られない。。

とりあえずは、暫定処置としてルミナンスをセットしたメッシュを作成して人形faceの正面置いて反射としてハイライトを実現してみました。(ハイライトの実現方法をもう少し考えてみたいです。(^^;)
mesh_light_for_eye


一応、ハイライトは入ったけど、もう少し良い方法を考えないといけない。 
eye_highlight

取りあえず、暫定おめめは作ったけど、もう少し白目と瞳の境をぼかしたり、瞳に反射マップを付加したり、Iris,Pupilのサイズを微調整したりしようと思ってます。(あと瞳の色をね。)

(2)つけまつける
きゃり〜ぱみゅぱみゅ」という単語を発音すると9割がたかむね。(^o^)
DAZ V4の様な平版ポリゴンで実現する方法はバックアップとして取っておいて、取りあえずはファーマテリアルでトライしてみます。
顔のまつ毛を発生させる部位のメッシュをコピーして新規メッシュレイヤーを作成してペースト。
これをeye_lashと名付けて(名前はどうでも良いです)ヘアーガイドでファーのガイドを作成。
ヘアーツールの櫛、移動、スムーズなんかを使ってこのヘアーガイドをスタイリングする。
メッシュのマテリアルにeye_lashと名付けて、これにFurマテリアルを適用するのだけど、ファーはメッシュの頂点から発生するので、この様な狭いメッシュ領域では密度が足りない。。

取りあえず、グレースケールの画像を作って「ファー密度」として密度情報を画像で与える。
(黒は密度が低い、白は密度が高い)
eye_lash_mat


取りあえず、こんな感じに仕上がるのですが、もう少しスムーズ、カールしたいな。。
eye_lash


眉毛も同様にファーで実現しようと思ってるのですが、これはファーの発生領域、方向、密度、長さなんかを全部イメージマップで作成した方が良さそうです。






スポンサーサイト
  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。