Loading…
05« 2013 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

素体

Posted by thattori43 on 28.2013 モデラー   0 comments   0 trackback

 のらりくらりゆったりと作っていた人体素体が出来上がった。

頭で描いてるイメージとはかなりかけ離れてるのだけど目、鼻、口の位置、顔の輪郭などはそこそこバランスが取れたのではないかと思うのだけど、それぞれのパーツ毎の作り込みがイマイチだと思います。
sotai

頭部で約5500ポリゴン、体と合わせて全体で約21000ポリゴン位になるので偶然にもGenesis 2 Femaleと同等近くまで跳ね上がってしまった。。(上図はSubD表示)
もう少しポリゴン数を落としたい所です。

先日ポチった
キャラクター造形力
が今日届きました。(発注から納入まで1週間ってとこでした。(^^)

早速、造った素体の反省会と合わせて興味深く一気に読み切ってしまいました。(図解が多いです。)
顔の輪郭、目、鼻、口、なんかの美しいディテールの作り込みがエッジの刻み方を含めて非常に丁寧に細かく説明されているのでとても参考になりました。
私が知りたかった目元、口元、鼻の穴まわりとかの細部処理なんかも説明が豊富にされていたので満足いく物でした。
人物素体のモデルはDAZなんかの人体モデルの様な参考となるモデルがあるのですが、もう既にSDS分割されて非常にハイポリになってしまっている物が多いので、ローポリのうちに如何に形状を作り込んで行けるか?という観点からもとても参考になります。
まあ、私が読んだ物はこの1冊なので他の教科書と比べてどうか?とかの批評は出来ませんけどね。(^^;

ちなみにこの教科書もモデリングアプローチは球体からのアプローチになるのですが、球体でもsphereではなくてcubeを2段階SDS分割したものをスタート形状として使ってますね。
読んでると、確かにこちらの方がやり易そうだなと思いました。

また、2Dなんかのアプローチと同様に理想とする顔の輪郭を完全に仕上げてから各パーツを仕上げて行くという工程をかなり重視されてます。これは私も何度も失敗して経験的にそうする様になって行ったのですが、これを考えると後からメッシュスカルプトをするってちょっとナンセンスというかせっかく作り上げて来た形状を破壊してしまいかねないのでなるべく避けた方が良さそうですね。

まあ、いずれにしても、もう一度顔を作ってみようと思います。(自分のイメージ通りに造れると良いのですが。)

ちなみに、本書では体の造形も記述されてますが、こちらは本当にシンプルなベース素体のみに留めてあります。
  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: