Loading…
06« 2014 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日差しに輝く髪に憧れて

Posted by thattori43 on 20.2014 modo関係   0 comments   0 trackback

 よくTVドラマとかCMなんかで見かけるアレであります。

こうやって髪を光が通過するときのキラメキ。 とても素敵ですね〜。^^
いつかやってみたいと思う表現の一つです。 でもこういう表現を効果的に使えている3DCGはまず見つける事が出来ないんですよね〜。

余談だけど、最近では篠原凉子さんとか松潤なんかのドラマでウットリとしてしまうこんなキラメキを見た。^^
tumblr_mota1kd5eX1rnchxso1_500


ここのところ暇なので(^^;)ふっとした時間に色々くだらん事を考えてるものの一つがこれ。^ ^; 
このキラメキの実現手段。

・まず思いつくのはポストワークするという事。
 マスク作ってPhotoshopでレタッチとか覆い焼きしまくるというもの。
 でもこれはマスク作るだけで疲労困憊しそうだ。
 適当な人物写真を募って来てこれの練習をしまくるというのもありかも知れない。 
 いずれにしよPhotshopのオペレーションをもうちょっと取得したいと思ってるのでこれもありかも知れない。^^;


でも出来ればスマートにレンダリング結果にある程度このエッセンスを仕込んでおきたいと思ったら。

・その2
  Fur + Hairシェーダーを使う。
  髪専用に用意されているHairシェーダーを使う。 Hairシェーダーは複雑な光沢設定ができるのでひょっとしたら出来るかも知れない。 
ただ、これは髪をFurで実現しなければならないので非常に大変そうだ。 Furで作る髪で上図写真の様な毛先での綺麗なFurの疎密を作るのは今の私の技量では無理かも知れないし(多分無理だろうなぁ)、そもそもこれを効果的にライティングできる自信が無い。^^;
hair_fur_shine


・その3
 なんとかFurを使わずに小回りのきくポリゴン髪でやろうと思ったらやはりgradientになるだろうか。
gradientは各種情報に基づきマテリアルのいろんな要素に変化を与えられる処理ノードなんだけど、例えば下図は「入射」に対してディフューズ色を振ってみた例。
これを調整して例えばディフューズ色にスクリーン or 加算なんかで加えてみるとか、スペキュラ量とか或は反射、ルミナンスなんかに加えてみると上手くいくかも知れない。
hair_shine


どんなのが最も手軽で効果的かな〜? っと、そのうちやってみようと思った事でした。^^;
スポンサーサイト
  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。