Loading…
12« 2015 / 01 »02
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

ポストワーク

Posted by thattori43 on 11.2015 レンダラー   6 comments   0 trackback

私の場合、作る絵はブログやtwitterに貼ったりPinterestでストックしたり、時にはギャラリーに投じてみたりといった感じで活用してるのですが、この中でもギャラリーに相当する様な場所に投じてる3DCGのレンダ絵は100%ポストワークを入れています。
ブログ、twitter等に投じてる絵はこの限りでは無いのだけど、レンダリングをした絵にはほぼ間違いなくポストワークが入っていると考えて良いです。

今更説明するまでも無いのですが、ここで言うポストワークとはレンダリング結果である画像に対してPhotoshopの様な画像処理ソフトを使って画像に深みを加える処理の事を言ってます。

私の3DCGの絵作りの中では、ポストワークありき。ポストワークする事を前提に考えてレンダリングをしているのでレンダリング、ポストワークが1組となって不可欠な工程となっております。

中にはポストワークを一切しないといった方もちらほら見かけますし、実際にコメントで「ノーレタッチ」とか記述されてる絵も結構見かけます。
個人的にはこれに関してどうこうといった意見は特に持ち合わせてる訳では無く「あっ、そう」といった感じで軽い認識で読み流してます。
CGの作成工程は人それぞれであって、そもそも結果としての絵が全てであって、見る人にとってはポストワークが入っていようが入っていまいが、そんな事はどうでも良い事だと思っている。

ただ、中にはノーレタッチを美徳、レタッチは邪道と捉えた様な意見にベクトルの掛かったコメントを書いてる方もごく稀に見かける。

そもそも私の中ではレンダリングとポストワークを絵作りのプロセスとしても技術的処理内容としても、その捉え方として明確に区別していない。
どちらもモニタで表現出来る8bitの色空間へのトーンマッピング、ガンマコレクション等、使用するソフト、手順の違いこそあれ、同様な色演算処理と広義に捉えているし、それをレンダラでやってるかPhotoshopでやってるかの違いでしか無い。
因みに、もっと言うと、私の使ってるMODOではMODO上でポストレンダの画像調整をして、その結果をワンクリックでレンダー設定、ライトにフィードバックさせる事が出来るよ。(多分、他の3Dソフトでも出来るよね。)


レンダリングとPhotoshopでは処理の重みとしてそれに費やさなければならない時間が全く違うので「ノーレタッチでよく頑張ったね。^^」みたいに労いをする事は良いだろう。だけど、レタッチを邪道と捉えた非難めいたコメントを見たときにはカチンと来るし大人気なくも逆に攻撃してやりたくなる衝動に駆られる。

そんな場合は、

「じゃあ、あなたのその絵はポストワークしてもそれ以上良くはならないんだね?」

みたいに皮肉ってやろう。 

因みに、私がこれで非難を受けた訳では無いし、人が直接非難を受けているのを見た訳では無いけど、明らかにこういった負のベクトルが読み取れるコメントを何度か見かけてるのでいつかコメントしておきたいと思ってた事をヤンワリと書いてみた感じ。

さて、本題。 

ところで私の中ではポストワークは水物に近い。

ポストワークによって出来上がる結果はその絵を作った時期、その時の気分によって大きく変わるし、やったレタッチを1度白紙に戻して2度行うと完全に1度目の行為を再現する事は殆ど出来ないです。
DOF挿入、特殊ブラシで効果の描き込みなんてのもやるし、場合によっては歪みフィルタやパペットワープなんかで絵の中の形状そのものを変形させてしまう事もたまにはあります。
画像のトリミングもポストワークでする。実際の生レンダリング画像のカメラ画角は少し広めに取っておいてポストワーク段階でバッサリ切り落とす。
実際に構図の黄金比みたいな学問があるのかも知れないのだけど私は知らない。 自分の見た目で良いと思われる画角、アスペクトでバッサリと切り出す。
数pixel単位で目分量で切り落とすので私の最終的な絵はいつも例えば縦1066 pix 横 1481pixといった感じに半端な数字になっている。

ポストワークの中でも最も重みを置いているのは色味の決定付け。
モニタの表示できる色空間の中で絵がより自然な光源を得てるかのように見せ、またイメージを自分の理想通りに仕上げる模索作業なんだけど、これがまた人それぞれ、千差万別な好み、感性がある様に自分の中でも出来の塩梅はその時の気分によって大きく左右される。
ポストワークでこれをしているのでレンダリングにおいては階調、色相を確保しつつも多少(あるいは結構)トーンを低めに抑えて暗めにレンダリングしている。ダイナミックレンジの高域にポストワークでの伸び代を作っておく様な感じかな。

絵で1例を挙げてみるとこんな感じ。
post_work2.jpg

トーンカーブ、カラーバランスいろいろ調整を駆使してその時の自分の感じる「自然な採光、自然な陰影、理想とする色味なんかを模索する訳だね。
私はレンダリングでライティングのドラフトが出来たらまずは1発ドラフトレンダリングを実行して直ぐ様photoshopへ持って行ってポストワークでの理想とする最終解が得られるか? みたいな施行を行ってから再びレンダリングでのファインチューニングをするみたいな感じのフローを取ってます。
微妙な調整をしてるので時には最終候補となる結果が3枚も4枚も溜まってくることもある。
どれもが自分の中で正解に見えたり不正解に見えたりする中で最後の1枚をピックアップするわけだ。
工程としては、このポストワークは絵作りの中で結構好きな部分でもあるかな。いや、かなり好きかも。^_^

レンダリングは内部処理としてはモニタのダイナミックレンジを遥かに超えたHDRで計算をやってて結果としてトーンマッピングでLDRに圧縮するのだけど、レンダラに任せて自分たちが自然界で感じる光を自然に見える形でこのLDRで再現するのは経験的にはなかなかそれほど容易では無いですね。
ノーレタッチで仕上げたと言われたらそれはそれで「すごいなぁ」と思うのも私の中では一理あるなあと素直に認めます。

まあ一応、ポストワークは私の中ではリアリティと言うよりは自分が美しいと感じるバランスの模索という行為になりますね。^^
「リアルイコール美しい」と直接的に結びつくと思ってないし、閲覧者がそれを見るモニタ環境なんかもどうなってるのかわからない。
そもそも好み、感じ方も人それぞれ違うだろうし、それは同じ人でも日々刻々と変わっている感じだろうね。

  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: