Loading…
01« 2015 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.

生きろ!! → 生きた? (Mac Pro)

Posted by thattori43 on 19.2015 Mac   4 comments   0 trackback

 前回に引き続き私の使ってるMac Proの生死に関わる話。

前回記した目に見える問題は2つ。

1. コールドブート後、数分後にフリーズ状態に陥る。(再度再起動すると使える)
2. AHT(Apple Hardware Test)でエラーが出る。(エラーコード: 4SNS/1/40000000: TN0D-127.875)

ちなみに、問題をより絞るために空のHDDを使ってSnow Leopardをインストールして状況をモニタしたけど1.の問題はSnow Loepardをクリーンインストールしただけの状態でも発生。
← この時点でハードウエアによるトラブルだとおおよそ断定。

上記2つの問題に因果関係があるかも知れないので先ずは2. のAHTをパスすべく出来る対処を行った。

ノースブリッジの温度をリーゾナブルな温度に戻すためにAmazonにてCPUグリスとNB用ヒートシンクを完全に基盤に固定する為のプラスティックネジを購入。
Xeon CPUとノースブリッジ共にCPUグリスを塗り直してみた。(ここんところ、初めての経験でとても慎重に行った。^^;)

結果、処置前後の各温度センサの値。
nb.jpg

どうやら今回の処置が功を奏してノースブリッジの熱はうまい具合にヒートシンクに拡散されるようになったみたいだ。( ヤッホー ^o^/ )
そんでもってこの状態で AHT(Apple Hardware Test)の詳細テストを全パスする事が確認出来た。 (ヤッホー ^o^/ )

これで元々の問題の2. はクリアした形。

1. の問題に関しては現時点で上記の処置後1度目のコールドブートを行ってから1時間経過した時点で現在このブログを書いている状態。 (OSフリーズ無しで1時間使用出来ている事を意味する。)
100%起こっていたOSフリーズが起こっていない。^^
本件、暫くの間問題が起こらないか様子見しようと思います。

まだ安心は早いかも知れないが、結果としてはかなり嬉しい。(飛び上がらんばかりに嬉しい。 ^o^/)

予定外のタイミングでの新Macの購入も考えたし、修理業者に修理を出すことも考えた。
ちなみに、修理業者の1つともコンタクトを取って症状を詳細に話したのだけど、ここから来た回答は以下の様なもんだよ。

ss_201502191937442c5.jpg


阿呆らしいよね。 今の私のMacを中古で購入するよりも高額な修理費にもなりかねない。
もしそんな事になったら新しくMacを新調しますよ〜。

今回の私の自力処置費はCPUグリスとネジ2本。 送料込みで1500円位だ。

冷静に対応して良かったです。^^

今回の私の経験したAHTでの4SNSのエラー、 本機種では結構起こりがちな不具合っぽくてネットをぐぐっててもこのエラーに遭遇した方は幾人かいらっしゃる。
幾人かはApple Storeへ持ち込んで修理した人もいらっしゃるようですし、最終的にどう解決したのか記述されてないフォーラムのスレッドなんかもありました。

一応、本記事がどなたかのご参考になると幸いです。
  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: