Loading…
01« 2016 / 02 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Genesis3を弄ってみたでがす。

Posted by thattori43 on 25.2016 DAZ Studio関係   2 comments   0 trackback

 コアなPoser, DAZユーザーから周回遅れで遅ればせながらDAZのGenesis 3 Femaleを弄ってキャラ作りの触り部分をやってみた。
いろいろ弄るためのモーフを始めとするDAZのアセットを一切持ってないのでZBrushで頑張ってみた。^^;
考えてみたらもうここ数年に近い単位でDAZでお買い物をしてない。。ちゃっかりDAZ Studio Proのソフトウエアだけ無料で頂いているという極悪非道な底辺ユーザーだなぁ。^^;( DAZは神だなぁ。。^^;)

(1) お顔のモーフ作成
とりあえず、DAZ StudioでG3Fを召喚してZBrushにGoZをしてお顔を整形。ジョイントをあまり修正したくなかったから眼球の位置なんかはそのまま固定して行いました。
ZBrushでお顔を整形後、DAZ StudioへGoZで戻しモーフとして取り込む。 

あまり冒険してない素直なお顔。(左: G3Fオリジナル 右:お顔整形後)
morph.jpg

(2) 各種マップの作成
ZBrush上のデータは各種マップを作成する為にそのままサブディビジョンを上げる。(一千万ポリゴンクラスまで)

各種毛穴、シワ、特徴部位をスカルプトする。(深度マップ、カラーマップ作成の為)
scul.jpg


Polypaintで彩色していく。結構適当。(今回、スキン部のみ作成しようと思った。) 
paint1.jpg


適当にやったからちょっと。。というかかなり毛穴が粗くなった。(美肌とは言い難い^^;)
paint2.jpg


Genesis3からUVがUDIMになったためZBrushでのテクスチャのハンドリングがとても楽になった。
Multi Map Exporterでボタン一発押すだけで各種マップが数分で生成され出力されますね。^^ とても便利。
(Genesis3の場合はUDIM8面分のマップがこのボタン1発で作成されます。)
今回はノーマルマップとカラーテクスチャのみ吐き出してみた。
mme.jpg


出力されたテクスチャマップをDAZ Studio側でアサインしてレンダリング。
髪は適当なのが無かったのでVictoria 4のProp型の髪をのっけてます。^^;
慣れないIray。。 SSSがキツすぎて陰影、テクスチャのディテールがぶっ飛んでるねぇ。。^^;

DS2_201602251951002a2.jpg


一応保存しておいてもうちょっとしっかりとキャラ作成をやってみようか迷っておりますですよ。^^;
お気軽に出来てこれはこれで良いですね。Irayに慣れないといけない。



スポンサーサイト
  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。