Loading…
05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush 4R8 - 3Dギズモ

Posted by thattori43 on 14.2017 ZBrush関係   0 comments   0 trackback

Pixologic ZBrushのアップデート4R8が来ましたね。
今回の機能強化も概要を読んでいるとALPHA 3DとかMULTI VECTOR DISPLACEMENTとかダイナミックブーリアンとか。。結構強力な機能追加がなされてますね。

早速アップデートしてみました。

ssss.jpg


まずは、今まで出来た事が難なく出来るか? という観点から今回からトランスポーズ周りで変更された3Dギズモを見てみた。

ZBrush Coreではもう既に採用されてるのかな? 今までのZBrush独特のトランスポーズツールが変更されている。
一般的な3Dツールにより近い感じの物になってるのだけど、従来のマニアックなトランスポーズギズモに慣れてきた自分としてはちょっと面食らってしまったのが実情。

一般3Dツールのギズモっぽいんだけど、それはそれ、やはりZBrush独特なエッセンスが加えられている。

こんな感じでギズモに付随してなんか機能が付随している。
s3_20170614195421438.jpg


まずは一番左の歯車の形をしたツールボタン。
この歯車をクリックするとこんな感じのメニューが出現してベンド、ツイスト等。。いろんな感じのデフォーミングを行う事が出来る感じ。
s2_20170614195420037.jpg


こんな感じのラティスっぽいデフォーマーなんかも追加されている。
s1_20170614195419450.jpg


歯車の右の4つのツールはギズモの位置を固定したり、センターポジションをサブツールのバウンディングBox中心に持っていったり、シーン座標の中心に持っていったりする機能。

こんな感じだけど、多分実際に使用してみないとイメージが湧かないかも知れませんね。
s4_20170614203033364.jpg


あと一番右の横棒の様な物は選択したサブツール全体に対するトランスポーズオペレーションを一括で行える物で、機能的には今までのZBrushではやり辛かった事が簡単に出来る様になった感じ。
選択は(Shift + CTRL クリックで対象サブツールを選択する感じ)

じっくり使い込んでみないと何とも言えないけど、機能的には便利になった事は間違い無いのだけど、 従来のあのマニアックなトランスポーズツールはもう使えないのかなぁ。。

その他、4R8の追加機能はおいおい見ていきますが、この3Dギズモは頻繁に使うコアな機能なので覚えないといけないなぁ。。と思って真っ先にチェックしてみました。^^;



スポンサーサイト
  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。