Loading…
08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚書き。 (IMM Curveブラシの軌跡の挙動)

Posted by thattori43 on 19.2017 ZBrush関係   0 comments   0 trackback

結構久しぶりになるのだけど、ZBrushでのスカルプト遊び。
いろいろ使い方を忘れてはいないか? といった感じで一応、チョコチョコっと一通りの機能を縦断する形で彫ってみた。

多分、ZBrush 4R8になってから初めてになると思う。
基本プリミティブのIMMブラシなんかも個別にあったsphere, Cubeなんかが1つのブラシに統合されててちょっと探すのに面食らった。

zb2_201709192111220ea.jpg


恥かしながら今頃になって漫画のDeath Noteを初めて読んだ。(ゲームの影響もあるね。。^^;)
これは自分の脳内イメージを元に再現したリューク。
 
漫画のものと見比べると結構雰囲気が異なる。^^;
zb1_20170919211121541.jpg


ポーズを付けてみた。
ryukS.jpg


以下は今回思い出すのに苦労したIMM カーブの機能。

ZBrushのメニューのPicker → Depthにある以下のスイッチの切り替えでカーブを挿引した時の振る舞いを切り替える事ができる。
picker1.jpg


Once ZとCont Z。
IMM カーブブラシを自作した場合、デフォルトではCont ZのスイッチがONになっている。
この場合、挿引したカーブがビューポートの奥手にメッシュが存在する場合、カーブの軌跡はそのメッシュの表面に吸着する軌跡を取る。

また、これをOnce Zに設定するとカーブの軌跡はビューポートから見て奥行き方向一定で挿引される。
picker.jpg


プリセットのCurve Tubeブラシなんかは最初からOnce Zに設定されている。

ZBrushはメニュー上機能がきっちり整理されてなくて散乱しているので一度使い方を忘れると探すのに結構苦労しますね。。^^; 


スポンサーサイト
  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。