Loading…
09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

MD2服でシーンを作ってみる

Posted by thattori43 on 16.2011 Poser関係   4 comments   0 trackback

 MD2ですがとりあえず、シーンと絡めて作ってみようと今日の午後からシコシコと。

まずは適当な生地のテクスチャを手に入れようとレンダロへ行く。
ちょうどタイムリーな事にSelection-FabricsというテクスチャがWhat's Newですぐ見つかる。

$5でした。$5でPayPalを切るのも何だしな〜。と思ってそのまま2Dのカテゴリで適当にテクスチャをみつくろう。 そういえば$20で15%オフのクーポンがメールで来てたなと思い、この手のファブリックなテクスチャだけでぎりぎり$20になるくらいにして「これで当面良いだろう」とチェックアウト。

とりあえずオーソドックスにシンプルなシャツとスカートにする。いきなりハードルが高い物を作ると自滅するからである。何でもそうであるが基礎を押さえる事が重要なのである。(と自分に言い聞かせる(^^;)

1)V4をゼロポーズでMD2に読み込ませてシミュレーションを絡めつつチマチマ作っていく。
2)生地の寸法とかはシミュレーションを実行しながら微調整を繰り返して詰めていく。
  今回は襟の様な折り返しの所があるので引張ってピンで固定してシミュレーションでしっかり折り返る様
  に調整する。(この折り返し、他に良い方法があるのだろうか?)
3) とりあえずある程度形が整って来たらそれで良しとする。それでもってテクスチャ選び。レンダロ
  
で買ったJPGのテクスチャをあれこれモデルに適用してみて適当な物を選ぶ。
4) これでとりあえずMD2での作業を一時中断して、V4のポージングをする為Poserへ移る。

5) スカートだからやっぱりDC感が出せた方が良いなと思い適当に座ったポーズを作る。
6) ポーズが完了したら、これをOBJで出力してまたまたMD2へ持っていってクロスシミュレーション。
 これは問題がなければすぐ終わる。

7) 出来上がったシャツ、スカートをMD2からOBJ出力してまたまたPoserへ持っていく。
 この辺、私の場合はMacとバーチャルPCのWin間を行き来するのでちょっと面倒くさい。純粋にWin
 ユーザーの方だとシームレスな作業ができて羨ましい。。

8) とりあえずスタジオっぽいライティングを施してレンダリングしてみる。「そんなに悪くないかも」と言
 う感じである。DCなのでやはりシャツなんかの縁はペラペラ感を拭えない。これはやっぱりMD2中で折
 り返しを付けて縫い付けたりするかHexagonとかのポリゴンモデラーに持っていって縁取りした方がより
 リアルになるだろうなぁ。

時間を掛けるならこのペラペラ感を補ってやった方が良いと思います。

そういえば、お題でレンダのお題が変わってるなぁと思い取りあえずこのままV4のポーズを変えずにお題であるフィギュアを3体以上の配置に取りかかる。(服がコンフォーム型では無いのでV4を動かすと破綻しちゃいます(^^;)

「思ったより緩いお題だな〜、前回でもフィギュア4体使ってるんだけどなぁ」とか思いつつも犬を2匹とK4を配してシーンのセットを野外としました。

これ、結構シンプルなシーンなんだけど恐ろしくポリゴン数が多い様な感じがします。というのもPoser上でプロップを移動したり犬とかのポージングをする時もモーフダイアルとかが「カクッ、カクッ」としか動かなかったから。
最近レンダロで買ったこのgrass(草)が原因なんだろうなぁ。。 と。

画像クリックで拡大ですけど結構でかいです。
Stroll


ちなみにPoser Pro 2012でのプレビューはこんな感じになります。旧バージョンと比べるとやっぱり綺麗ですよね。
f3d_sshot1



たちまちMD2をわがものにして実用されてしまいましたね。
PoserとMD2を使うとどういう事が出来るか分かりました、大体解ってきたつもりだったけど、またもや驚きました。
MD2を使いこなせて服飾のセンスさえあればシーンに合わせて最適な服装がチョイスできそうです。
Posserでニューファッションの発表とか、新しい展開もありそう・・・
2011.10.17 17:22 | URL | sannzi #u2lyCPR2 [edit]
こんばんは、sannziさん

本当ならこれくらいの機能がPoserのクロスルームに付いててくれれば良いのですけどね。(^ ^

2Dパタンを作る事と、Poserの様に質感(柔らかさとか)を与えるだけなのでPhotoshopとかイラストレータを使いこなされてるsannziさんなら瞬時に使いこなせる様になると思いますヨ。本当。

あと、ある程度テキトーにパターンニングしてもクロスシミュレーションを実行するとなんかそれらしく見えてくる所が不思議ですね。(^^;

どんな服を作るか?が悩みですね。。 多分、これ以上複雑なパタンを作る所にもう一つ壁があるだろうなぁ。

ちなみに体験版を落として試用期間中に購入すると$99でしたね。 失敗しました。(^^;
2011.10.17 21:37 | URL | thattori43 #- [edit]
> やはりシャツなんかの縁はペラペラ感を拭えない

ノーマルマップやディスプレイスメントマップを追加してそれっぽく仕上げる手もありますね。
わたしもMD2持っているのですがインストールすらしていなかったり・・・(´- `*)
次のバージョンでは四角ポリゴンに対応すると言うことなので、モデリングの修正も楽になるかも!
2011.10.18 01:58 | URL | NooN #GCA3nAmE [edit]
こんにちは、はじめまして、NooNさん

そうですね、確かにマテリアルでそれっぽくできそうですね。3D-COATを持ってるのでちょっとそれで試してみます。(^^
MD2持っててインストールしていらっしゃらないとは勿体無いです~。
私などはPoser主体でしたので余程の事がなければDCを使う気になれなかったのですがこれのおかげでハードルが下がりました。もうPoserのDCシミュレーションには戻れません。(^^;

四角ポリゴンはGood Newsです。ありがとうございましたm(_ _)m
2011.10.18 08:45 | URL | thattori43 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/116-b77c29af

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: