Loading…
06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

DAZ Studioを使ってみる〜ピンナップ〜

Posted by thattori43 on 13.2011 DAZ Studio関係   2 comments   0 trackback

 失った物を取り戻す? いやいや、何も失ってない。
「今出来る事を他のツールでも出来る様にする」というのがテーマ。

という事で徐々にDAZGenesis対策を徐々に開始です。Genesisを使いこなすにはDAZ Studio(今後D|Sと書きます(^^)が使える事がやはり前提になって来る。

という事で今日は全くPoserを触ってない。DAZ Studioの特訓、特訓でした。もう完全にアウェイの環境です。 
おまけにHexagonも触ってない。

昨日、Genesis Generation Xを使ってマイキャラ2.5号をクローン化したのでこれを使ってまずはシンプルなピンナップを作ることにチャレンジ。
これは非常に重要で、イイピンナップが作れなければイイシーンなんか絶対に作れないというのが私の定説。

解決出来た事、解決出来てない事を交えて書いていこう。

■気になる未解決 <-- 低優先度が低い故に調べてない事です。

(1)Poserはデフォルトでは起動するとシーンに既にライトが3つ位設置してある。このライトを全て取り払うとシーンは真っ暗になる。 ところがD|Sは起動直後にシーンにはライトが設置されてない。それにも関わらずシーンが明るい。 このままレンダリングすると当然明るい。 この明かりは何だろう? どうやったら真っ暗に出来るの?

(2)IKとかの付加、解除の仕方が分からない。(そもそもD|SにもIKはあるの?)
(3)マグネットとか、Waveとかのデフォームのやり方が分からない。(と言うか今回使う必要が無かった)
(4)ダイナミッククロスは出来るのだろうか? どうやってやるんだろう?
(5) Poserで言うRuntimeに相当するライブラリのディスク上のロケーションをまだ把握してない。(ルートは分かる)
(6) IBL,IDLとかのやり方が分からない。
(7) Poserの様な手続き型シェーダーが組めるのか分からない。
(8) Smart Contentsって何だ?
(9)ペアレントのやり方も分からない。
(10)ライブラリのプリセットにシェーダーとかあるけど使い方がまだイマイチ分からない。(Human Surface Shaderとか)

 まだ他にも色々ありそうですが、さしあたってやりたい事を考えると上述の様な事が分からない。

■解決できた事 <-- WEBをググりました(^^;
(1) シーンを組む為の基本的な操作。
   ・フィギュア、衣装等のモーフの操作方法。
   ・プリセットされたMTの適用方法。 テクスチャの差し替え方法とか。
(2) Infinite,Spot,Point等のライト、またカメラの設置方法。
(3)ビューの視点の変え方。(拡大、Pan, 回転とか)
(4)細かいけど人物の瞳へのハイライトの入れ方。<--瞳はPoserとマテリアルのレンダー結果がかなり違います。
 一発目、何も分からなくレンダリングしたらこうなった。瞳に全くハイライトが入らなかった。
hitomi

 これは瞳周りのマテリアルをいじる事になった。
(5) UberEnvironment2というライトを使うとAOとかが設定できて質感が上げられそうだ。

ライトの操作感はPoserと違ってパラメータダイヤルのみっぽいので結構大変です。PoserにGUIでの操作手段があるのは非常に便利な事を再認識です。
便利だなと思ったのはGenesisの衣装はGenesisのモーフに追従して自動的にFitする所とか、モーフとかのパラメータダイヤルを検索する為の検索機能が付いている事。
機能としてはPoserにあるアルファマップ出力とかpsd出力の機能、バックグラウンドでレンダリングする機能とかあるとすごく嬉しいのだけど。。(D|Sの上位のバージョンなら付いているのだろうか?)
あと、Recent Renderの参照機能とかあると嬉しいのですが。(^^;

このアウェイの環境をどうにかこうにか駆使しつつネットをググりつつレンダリングした1枚が下のピンナップとなります。(シンプル〜)
一応、Poser覚えたての時の気持ちに返ってあれこれ模索しました。 と言ってもPoserを知ってる分だけ結構楽なのでしょうけど。

ライトにはDistant Lightという物を3灯とUberEnvironment2(IBLっぽい)というライトを1灯使用しております。

Credits:
 Genesisフィギュアマイキャラ2.5号
 Oxygen --- AlfaseeDさん
 Chelsea Hair --- SWAMさん

UberEnv

瞳に全くハイライト、しっかり入ってますね、もう後この背景に小道具の室内や建物など置けばイイシーンも間違いなく出来るでしょうね。

やっぱりCGソフトは海外で開発されているのが多いから、情報収集には英語力が欠かせないみたいですね。
其の点海外で暮らされていただけあって不自由はないみたいですね、羨ましい(^^;

私はPoserはまず日本語版で覚えていたから今の英語版も不自由なく使えている感じです。
日本語で読める解説サイトも多いですし。
このままDAZフィギュアが使えなくなりPoserが衰退してDAZスタジオが主流になってくると付いていけなくなりそうです。
やっぱりそうならないようにPoser陣営も魅力的なフィギュアを出して欲しいですね。
2011.11.14 21:47 | URL | sannzi #u2lyCPR2 [edit]
こんばんは、sannziさん(^^

この1枚のピンナップを作る為に要した労力は私としては結構な物がありました。(^^;

現在、私がD|Sで知りたい情報を検索すると、何を検索しても「操・活・解」というKotozoneさんのブログに辿り着いてしまいます。今回、かなりの情報をEvernoteにクリップしてしまいました。
とても有益な情報ばかりで私がやってるなんちゃってブログが恥ずかしく思えてくる程でした。

レンダリングに関しての感想はPoserとの質感がかなり違う(特に人物は)と言う事ですね。
この辺、D|Sのライブラリって私は今迄インストールしてなかったので結構辛いです。

今回に関しては英語は全然重要ではありませんでしたよ。やはり3Dのソフトは複雑なので私もPoserはPoser 8Jから入ってます。 P8J→Pro2010→Pro2012って感じです。Pro2010がかなりの安売りをしてた時がありましたのでそこから英語版になってます。

とりあえず、D|Sはちょっとずつ勉強しようかな。 「どうしても」って時に備えて。(^^;
2011.11.14 22:32 | URL | thattori43 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/139-c7487fe1

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: