Loading…
06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

Z depthとフォーカスブラー

Posted by thattori43 on 02.2011 Poser関係   0 comments   0 trackback

 人物のポートレート写真とかではよくその背景をぼかした撮り方をしたものが多くあります。
見る側に作品のアピールするところをしっかりと伝える目的でこのようなテクニックが使われてます。
3GCGのレンダリングにおいては普通のレンダリングではシーン上のオブジェクトは例えばそれがシーン中のカメラの位置からかなり離れていてもクッキリと映し出されてしまいます。

例えば、下図のイメージは建物と人物をシーンに置いてレンダリングした結果。手前の女性も奥の建物の壁もクッキリ。
focus

Poser proは64bitレンダリング出来るのが良くてPoserよりアップデートしたのですが、その便利な機能でレンダリング時にZ depthの画像を同時に得られるというのが何気に嬉しい機能です。
これは写真で言う被写界深度と言うもので上記のイメージで言うZ depth画像は下図の様なグレーの図になります。
Z depth
カメラからの距離(奥行き)が白〜黒への256階調で現されるデータとなります。(3次元軸のXYZのZをとってZ depth,Z値などと呼びます。)

上記2つの画像が得られれば後は画像処理ソフトでフォーカスブラー(焦点ぼかし)を簡単に加える事がで来ます。
私はGIMPのフィルタ>ぼかし>焦点ぼかしでこの処理をやってます。
そして得られた画像が下記イメージ。
vil_fc2.jpg

ね、 後ろの建物にぼかしが入ったでしょ?

GIMPの焦点ぼかしに関して、Mac版GIMPは始めから入っているみたい。 Windows版は別途プラグインをDLしてインストールする必要があるみたい。
GIMPはトーンカーブとかも使えて良いのですけどMac版のペンタブレットでのリアル描画が致命的に遅いのが残念です。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/17-2ab88b2a

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: