Loading…
07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹さん

Posted by thattori43 on 13.2012 雑記   2 comments   0 trackback

 文庫本に落ちても尚、『1Q84』はまだ読んでないのですが、翻訳本を除いては短編、長編含めてかなり読みました。 ファンと呼んでも良いと思う。 今回もノーベル文学賞ノミネートの件で密かに注目しておりました。

最後に読んだのは『海辺のカフカ』になると思うので、もうかれこれ10年位前になるのでしょうか。(10年かぁ。。)
執筆されるスパンが長くなったのもあるかも知れないですし、私が徐々に離れていったのかも知れません。
ちなみに私の中での最高傑作は『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』になりますね。

比較的、人格形成の多感な時期に何度も噛み締めて読んだ覚えがあります。
私にとっては娯楽の一部である以上に価値観を含めた色々な意味での影響を受けた作家さんであることは間違いないですね。要するに私は何かを求めていたのでしょうね。

だからなのでしょうか、自分自身が年をとり、より、リアリストになり、多忙になり、生活環境が変わり、処世術としては、もう取り返しがつかない事には目をつむる様になったからかも知れない。 
もう気付くと今では文学としては「娯楽」以外のなにものでもないものしか読まなくなってる。

熱が冷めたとか、私の中で色褪せたとかそういことではないです。 どちらかというと「私の中で蓋をした」という類のカテゴリに属しておりました。

比較的時間がとれそうなので『1Q84』を読んでみようかなと思ってるのですが、文庫本で6巻ですかぁ。。(^^;

言われてみると私も娯楽寄りの文学しか読まなくなったですね。
ジュブナイル向けという分野でしょうか、でも読むとそれなりに教えられるものがあり、なにより楽しんでいます。
娯楽文学でも読まないより読んだほうが、得られるものがあるから良いのかも知れません。
実は村上春樹さんの新聞連載があるのですが、数回読んで気分が重くなり止めていました(^_^;)
もったいないですね、きっと辛抱して読めば、決して重いだけの内容では無いのだと思いますけど。
2012.10.14 23:18 | URL | sannzi #u2lyCPR2 [edit]
おはようございます,sannziさん(^^

村上春樹さんでも最近のものはどういったものを取り上げてるのか想像つかないですけど重かったですか。
時代を風刺した様なものなのでしょうかね。
影響されやすかった私は氏の書籍はバイブルとして何度も読み返してました。 生き方を含めて尊敬できる方の一人ですね。

ある意味カチカチ頭になってしまった今は本当に「娯楽」一本を好むようになってしまい、時間限られるのでやはり大衆に受けている物を読んでますね。これはこれで確かに面白く、また残るものもありますけどね。
ノーベル文学賞は残念でしたけど、エルサレム賞の時はカッコよかった~。(^^
 
2012.10.15 09:18 | URL | thattori43 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/245-2f6c115b

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。