Loading…
10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

modo学習 ドール4 (やり直し〜眉毛)

Posted by thattori43 on 09.2013 未分類   0 comments   0 trackback

 昨日、今日なんかかなり暖かい。気温が突然変化した感があります。

 暫く時間を置きましたが、ドール、どうにもこうにも収拾がつかなくて再度モデリングし直しました。(^^;
失敗した点はSDS再分割を早く実施しすぎて形状の調整がとても難しくなってしまった事(履歴をバックアップしてなかったのでやり直し)とやはりトポロジーを再度変更したいという思いからです。

取りあえず、再度ちまちまポリゴンをつくっていき現在こんな感じです。(約5500ポリゴン)
test_modeling

やはりオートで細分化をしないで必要な箇所に手でエッジを刻んで行った方が良いな。。と思ってのんびりとやってます。

今迄やってきた事に手直しを加えつつ再度前回迄の工程をリカバー。
取りあえず、Furで眉毛を付けようとやってみました。

バックアップの意味も込めて、眉毛となる部分のメッシュをコピーしてこれだけで独立したメッシュレイヤーを作成してペースト、UV展開を行います。

マテリアルにFurを割り当てて、このFurをコントロールする為に以下の3っつの画像を用意。

左から
 ・眉毛のFur密度マップ(グレースケール)
 ・眉毛のFur方向マップ(多分ノーマルマップ的な情報)
 ・眉毛のFur長さマップ(グレースケール)
幾分大きいかなと思ったけど、一応サイズを2048 x 2048pix としました。(小さくても良いよね)
brow_image

Fur発生のエリアは上記密度マップでコントロールするのである程度気を使って描きます。
あとの2つはエリアとしてはある程度大雑把。

下図の様なレンダープレビュー画面を見ながらヘアーツールを使ってスタイリングするのですが、ちょっとイマイチ良くわからない。 生え際(毛根)から寝かせた方向にFurをスタイルしたいのだけど、なかなか上手く出来ませんでした。(^^;

一応、顔テクスチャにもうっすらと眉毛を描いてるので、これをガイドとしてやってるのですが。。
eye_brow


ラフにレンダリング。 眉毛濃いですね。。なかなか好みの眉毛にならない。(形も濃度も。(^^;) 
テクスチャーを全て手描きで描いてるのだけど、なんかリアル人体のマーチャントリソースを使いたくなってきました。。(ドールなんですけどね。。)
mod2_render




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/283-980cdbc7

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。