Loading…
09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人肌の調整をしてみる MODO

Posted by thattori43 on 22.2013 modo関係   0 comments   0 trackback

MODOは601から人肌を光学的にモデル化したSkinシェーダーを搭載してて、それを使用した製作事例なんかもたまに見かけるんだけど調整項目も多く、リアルに表現しようとすると、またそれぞれの皮下層毎にテクスチャを用意したりと色々ハードルが高いです。多分、上手く決まった時には効果が絶大になるんだろうなぁ。

CGを作る時って人肌に注力を払って作るのだけど、私としては自分の好みの人肌って結構その日その時の気分なんかで結構変わって来ます。これが正解という物では無くてその時の気分なんかが出来上がりを大きく左右する要素です。(^^; また、絵の構成なんかでも変わってくるでしょうしね。

MODOデフォルトマテリアルで以下の初期設定で始めてみる。 この時、モデルの身長は約190m。(大きい)
本当は実物寸法でやった方が感覚的に分かり易いんだけど。。
ライトは自然科学ベースの太陽光+HDRI。

マテリアル初期設定
material_panel


Step1レンダ
mm_step1

エネルギー保存をONにしてみる。エネルギー保存とは私の解釈では光の反射、透過なんかが総合して100%を超えない様な自然則に背かない様に自動調整される様なモードだと思う。 SSSの効果がちょっと増幅された感じになった。
mm_step2

BUMP,ディスプレースメントを当てて深度調整する。(絵的に拡大しないと分からないか。。)
mm_step3

カラーテクスチャを当てる。ちょっと乾燥肌ぎみ、霧吹きで一吹き程度のモイスチャーが欲しい。
mm_step4

ほんのちょっと反射をつける。(1%程度) お風呂上がりのシットリ肌。個人的にはあまりoilyになりすぎるのは好きではないです。(^^ 出来れば肌と眉毛をマテリアル分けしたいんだけどな。。
mm_step5

髪の毛つけてFinal。髪の毛の抜きは透明量ではなくてディゾルブを使用。(BUMP,スペキュラなんかを無効化する為)
mm_step6


後は、やっぱりカラーテクスチャの出来が大きく左右するんだろうな。





  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/330-a5ce8fe1

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。