Loading…
03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

ポーズをつけてみる(ZBrush)

Posted by thattori43 on 01.2014 ZBrush関係   0 comments   0 trackback

 デイリースカルプト練習もいろいろやり始めたら1日1時間では終わらなくなってきちゃいました。
ZBrushは痒いところに手が届く反面、「えっ? これできないの?」といった事が平気で出来なかったりする。
この辺、普通の3D統合ソフトと同じような感覚で購入するとエラくストレスが溜まる部分もある。

最も、全く出来ない訳では無く、やりたい事がスマートに実現出来る手段が用意されてなくて回りくどいが力技で実現出来るといった実現手段が結構多かったりするんだなぁ。。

このソフトがどういうコンセプトで世の中に生まれてどういう形で進化の過程を経て来たのかは詳しく知らないけど、とにかく独特なのであります。

まあ、造形という1点に絞って見るとMODOなんかでは実現に相当苦労しそうな物を1撃に近い形でスマートにやってのけるという大きなメリットを持ってる所は大きいのですが。。
一応、スカルプトソフトではデファクトスタンダード的な位置を築いてる訳だけど、逆に「何で?」と疑問に思ってしまうようにイケてない所も多々ありますね。 不思議だ。
ペンタブレットに特化した操作性という意味においても3D-COATの方が私は馴染む所です。

髪の毛をつくり方を色々模索してたりします。FiberMeshが綺麗に使えればそれに越したことは無いでしょうけど、スタイリングがしんどいのでこれは「ここぞ」という時の為に取っておこうと。。

これはCurveStrapSnapというブラシを使ってみた物。 サーフェスに沿って短冊状のポリゴンをストロークで描いていける。そこそこそれらしく作っていけるかな。
face_2014110117543142d.jpg


一応、造形をZBrushで完結できた方が良いなと思いポーズ付けも試行錯誤をしながら始めた。
先ずは、力技でポージングしてみた。

とてもしんどい。頭部、体、眼球、髪、まつ毛それぞれ別ツールで作っていてこれらの間に親子関係を結ぶ事が普通に出来ない。(厳密に言うとContactという手段があるのだけど。。)
それぞれ個別に空間移動でしかるべき位置まで移動してくる感じ。 体と頭だけやってそれらを結合した時点で力尽きた。。^^;
pose.jpg

しょうがないので、プラグインのTransposeMasterの使い方を調べたら、とりあえず全てのサブツールをマージした形で変形出来る事が分かった。これだと全ての部品が変形に追従して動いてくれる。労力が数分の1になる。^^; 便利だ。
但し、ポージングは相変わらず動かしたい所を考えてマスクしてメッシュの回転でポージングする。

う〜ん、、原始的だ。まあ、この辺、3D-COATも似たような物なのだけど。
tm.jpg


ZBrushでのリグはZSphereを使ってジョイント(ボーン)の様にメッシュにバインドして使えるという機能もあるのだけど、かなりの手間を要しそうだ。

彫ってばかりでは無くてこの辺も抵抗なく使えるようになる必要があるな。。 と。^^;


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/429-bc4645c0

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: