Loading…
05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

Hairスタイリング(FiberMesh)

Posted by thattori43 on 07.2015 ZBrush関係   0 comments   0 trackback

 顔の詳細を彫っていく前に全体的にどんな感じにもっていこうかいろいろ検討してます。
髪型もその一つなんだけど、FiberMeshの造形に慣れておく目的もあって、まずはFiberMeshでの試行錯誤をやってます。
FiberMeshを使う個人的な感想としては、

・ポリゴン短冊、Furだと髪型の雰囲気を見るためのちょっとした試行錯誤に結構時間を要する。
これに比べてFiberMeshだと大雑把なスタイリングは比較的早くできるのでいろいろ検討しやすい。
・Zbrushでのスタイリングが処理的にとても軽い。
・Furと違ってメッシュなのでポリゴン出力が可能。従ってZBrushに限らず他の3Dソフトに持っていく事が出来る。
 但し、かなりのハイポリなのでDAZ Studio、 MODO等で扱うにはとても重い。

みたいな感じで1長1短。高性能なマシンを持っていればひょっとしたら最も使いやすいのかも。

FiberMeshのスタイリング方法に関してはZBrushCentral等でいろんな方がTipsとして挙げておられるやり方(これなんか)が確かに扱いやすそうです。
そこで私も実際にこれをフォローして実行してみました。

Fur同様小区画に区切って個別にスタイリングしていくってのがやっぱりセオリーなんだよね。

(1)
頭部FiberMeshを発生させるエリアを小区画単位にポリゴングループをアサインしていってFiberを発生させる。
発生したFiberはこれに沿ってポリゴングループがアサインされている。
fm1.jpg

(2)
GroomHairBallブラシを使ってそれぞれのポリゴングループのFiberを下図の様に根元近辺でまとめておく。
これは多分、後の個別グループのスタイリングの視認性を上げる目的なんだろうね。
fm2.jpg

(3)
後はFiberMesh系のブラシを使用して1ポリゴングループ毎にお団子状態をほぐしてスタイリングしていくだけなんだけど、私は主にGroomStrongブラシをIntensity=20位で使用してます。(最も、twistなんか必要によってはブラシを変更しますが。)
編集するFiberのポリゴングループ以外をHideにしてスタイリングしたり、また、Brush→Auto Masking→ Mask By Polygroupsを100にしたりして、あくまでも一度に加える変更は1グループのみにして実施します。
また、途中でBPRレンダリングして様子を見てみたり等。
fm3.jpg


うーん、どういう髪型にしようか。。
fm4.jpg

fm5.jpg


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/466-5ca98fee

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: