Loading…
05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

胸像WIP 4

Posted by thattori43 on 31.2015 胸像WIP   0 comments   0 trackback

 ギャラリーなんかで絶対に言及しまいと個人的に定めている事項がいくつかあるのだけど、その中の一つに自分のモデルを取り上げて「これ、どうやったら可愛くなりますか?アドバイス下さい」的な質問というものがありますよね。。
人間なんかを作ってるモデラーとしてはごく普通に起こりうる感情なんだけど、実際に発言する事自体センスを問われるし、ナンセンスだ。
そもそもこういう微妙で唯一でもない回答への問いに対して君より閲覧者の方が本当にセンスがある回答が出来ると思っているのかい?という事である。

それにしても。。久しぶりに所謂る「不気味の谷」との狭間を彷徨いかけている感覚がある。。^^;
とりあえず、今回は「日本人 ヤングガール」を目指しているし、少なくともそれに沿って出来つつあるという自覚はあるんだけど。。
やってみて思った事として、日本人(少なくとも東洋人)の一般的に可愛い顔と認識される物って下手すると「不気味の谷」に非常に近い場所に位置してるなぁ。。という事。東洋と西洋の美的感覚の違いというか。。


とりあえず、現在の状態の暫定部品を組み合わせてMODOでのドラフトレンダリングを載せておきます。
一応、大き目にレンダリングしてるので下記画像をクリックするとレンダリングサイズで見る事が出来ます。

すっぴん状態です。(画像拡大表示すると今回追加した産毛がちょろっと見えます^^;)
20151031.jpg


一応、これに対するコメント:
 How-Old.netで判定すると22歳女性と出るね。まあ、そんなところかな。。^^
一応日本人に見える。唯、前記の様に不気味の谷に少し足を突っ込んでる感がある。以下は個人的な懸念点。
以下は今後の検討と修正内容になるかな。

 ・(造形)目と目の間の距離が少し離れすぎているだろうか?(ずっと見てるので麻痺しつつある。。)
 ・(造形) 眉毛の毛並みが汚いので更に形状修正する。
 ・(造形) 眉毛の位置を気持ちもう少し下げるべきか?
 ・(造形) 頰から顎にかけての輪郭を少しダイエットすべきか?(二重顎を連想する様なぽっちゃり感がある?)
 ・(造形)肌の産毛をファーで追加した。主張しないまでもそれなりの存在感をもう少し出したい。
 ・(造形)下瞼のまつ毛をもう少し綺麗に。
 ・(マテリアル)肌の保湿感、SSS感の更なる調整。 透き通った透明感を目指す。
 ・(マテリアル)Lacrimal(涙腺)の色、反射の調整。
 ・(マテリアル)眼球Iris(虹彩)の色味をいろいろ調整してみて良いポイントをピックアップする。
 ・(マテリアル)髪の色味、スペキュラバリエーションの調整。(現在の髪は暫定)
 ・(マテリアル)涙を追加したが効果的に機能していない。

以下は現在の状態。

(1) 肌の質感構築
 デフューズ、SSS等も重要だけど、肌の質感、特にこの世代の女性に見られる潤いと透明感を持った肌を実現するには皮脂層のスペキュラ、反射、ラフネスの調整がとても重要な事が今更ながら大きく実感してる。
これらはライティングの方向、強度なんかと大きく絡んでるので一つマップを作成すればOKというわけにはなかなか行かない。多分、シーン(ライティング)毎に微調整をする必要がある。
DAZフィギュアなんかはスペキュラマップ込みで配布されている物が多いけど本当に美しいレンダリングを目指すなら個別調整は必至。
今回はDAZフィギュアの様に皮膚でも個別パートでマテリアルを分けてる訳ではないし、スペキュラ、反射、さらにはラフネスのマップコントロールは絶対必要。

現在皮膚のにアサインしているマップは以下。 スペキュララフネスは一律50%としているがライティングによっては要調整かも。
深度マップに関してはZBrushでディスプレースメントマップを出したがレンダリング時間が激増するので、とりあえずBUMPを作って代用している。(ディスプレースメントマップは使用しない。)
スペキュラ、反射のマップはMODOの3Dペイント上で描画。
skin_map.jpg


MODOではマップをpsd形式で当てる事が出来るので各々のマップはpsd形式で保持して修正を容易にしている。
Photoshopでの修正はインタラクティブでMODOに反映されるのでこれが便利。
texture.jpg


(2)眉毛の作り込み
 頭部ポリゴンの眉部近辺を個別ポリゴンで分離コピーし眉毛ファー専用マテリアルを追加、UV再展開。
眉毛ファーのガイドはZBrushのFibermeshで作成しMODOにインポート。 
ファー設定の関係上ファーの密度マップを別途作成してこれに当てた。
brow.jpg


(3)髪シェーダー
 髪のスタイリング、シェーダーまではまだ手が回ってないけど、ヘアガイドは同じくZBrushのFibermeshで作成。
現在当ててる暫定シェーダーは下記の様な感じ。
個別スペキュラの色は必要によってはグラディエントでパーティクルIDを使って微妙に振るかも知れない。
hair.jpg


目標DAZフィギュアを凌駕ですが、、もっと頑張ります。^^;


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/498-0514419d

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: