Loading…
09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZB熱再燃

Posted by thattori43 on 11.2015 ZBrush関係   4 comments   0 trackback

 ここのところ胸像WIPはひとまずお休みしてZBrushばかり弄っています。
年内にスカルプトのTimelapseを一つ作りたいと思っていた事が原因なんだけど、胸像WIPをやっててもわかる様に私の場合は造形の過程で何度もIterationを繰り返さないと満足いく形状に持っていく事が出来なのですよね。。^^;
なので短時間に綺麗な造形に仕上がるSupremeFunkさんの様な華麗なTimelapseを作る様な域には全然ほど遠いと自覚したのでこの年内にTimelapseを作るという事はひとまず断念。。

造形もそうだけど、普段そんなに使いっていないZBrush機能も含めてもう一度勉強し直そうと思って再びZCLASSROOMをおさらいしました。^^;
購入したての頃に一通りこのZCLASSROOMで学んだんだけど、全くの素人だった時代なので十分吸収しきれてなかった機能なんかで細かく作り込む為の重要な機能なんかも結構見落としてたりしてたのでこの際時間をとってもう一度頭に叩き込んだ感じだ。^^

おかげで色々試したくなって最近ず〜っとZBrushを弄っております。^^;

toki.jpg


顔のスカルプトっていつも4〜5万ポリゴンくらいの球体Dynameshからスタートしてたのだけど、綺麗なサーフェスを維持したり、比較的ローポリ段階からシャープなエッジを作り込みたいという思いが強くなってきたのでポリゴンモデリングの様にCubeをサブディバイドして作っていくフロー試しております。
これだと輪郭形成で細かい低周波ノイズを作り込む事が少ないし、サブディバイドを保持しているので形状修正も比較的容易にできるなぁ。。と最近になって感じております。

人の華麗なTimelapseに憧れて極力その人のフローをフォローしようと努力してたのだけど。。やっぱり自分にあったフローで造形していった方が結果として綺麗にできる。。^^;

zb_20151211194339822.jpg

ぱっと見て分かる優しい顔つきv-363まさしくトキv-363
カラーCGでその勇姿が甦ってきたv-363

…なんて雑魚キャラが語るようなのもありましたねv-407

北斗の拳、大好きです。豪華本も家には並んでいます。
となると、次回作はラオウ?とか、勝手に想像してしまいますが、
きっと違いますねv-413

いや~懐かしいキャラクターが目に飛び込んできた時は嬉しさもひとしです。

先程は唐突にメッセージを出させていただいた形になりますが、ご容赦くださいませ。
ブログも更新出来たり出来なかったりと、なかなか告知する余裕がないのですが、
大々的に告知するのはもう少し先になると思います。

まずは、この人なら~と言う人に対して声をかけさせていただいている状態です。
これからどうなるか、私もわかりませんが、あまり気負いせず、のんびりてげてげ
やっていこうと思いますv-411

時々サイトの方をのぞいていただけましたらと思います。
2015.12.13 20:53 | URL | 喜多川春望 #uvXr/w7Y [edit]
こんにちは、喜多川さん

>次回作はラオウ?とか、勝手に想像してしまいますが、 きっと違いますね

惜しい! 多分次北斗で何か作るとしたら黒王号ですね。^^

メール読ませて頂きました。ありがとうございます。 喜多川さんのCGに対する熱意の様な物が伝わってきますね。
それにしても人体モデリングコミュニティもそうですが相変わらず志が高い。

私なりにもCGというか「表現をする」という行動に関してはそれなりに自分としての矜持を持った行動を取る様にしております。
私の場合はこれがかなり偏った物になってる事を自覚せざるを得ないのですが、インターネットという半ばバーチャルな世界である事でそれが成り立っている面が大きいです。

CGをやってる以上ギャラリーのあり方というものも自分なりに考えますし、そこでの投稿、コメントといったアクティビティも
自分のスタンスを曲げる事なく行おうと努力しているつもりです。
そもそも投稿行為のモチベーションとは? というものに関しても自問し、想像し、考える事が多いです。

メールの中に「厳しいルールかも知れませんが・・・」という物がありましたが、
喜多川さんの凄いところはこれを高い志を持って建設的な方向へ持っていこうと努力する志の高さにありますね。^^

私の定義するギャラリーという場所は常に「非情な場所」という事です。
自分のCGに対する矜持に従って行動し、それは人間性、人間関係よりも優先される所。これが私の持つギャラリーのイメージです。
従ってコメントも「褒める」か「コメントしない」の2択しか私の中では存在しません。

・作品に対しては自分の主観を持って鑑賞し自分の気持ちを曲げて嘘ついてまでコメントをしない。
・アーティスト自体の考え方、制作、投稿姿勢で気に入らない物に対してもコメントをしない。
・自分の主観でその作風技量等、憧れるアーティストに対しては素直に絶賛したい。(コミニュケーションをとりたいという思い。)
・ファンでも憧れでもないアーティストのコメントなんかいらん。

CGを投稿する事と同時にCGにコメントをするという行為自体も「表現をする」という自分のセンスの表れであるという事
を忘れない様に行動するという事が自分自身に課している定めなのです。 (多分、偏ってますよね。。^^;)
それでもやはり人間なので時として人情という物が混じった行動を取ってしまいますが。。^^;

こんな私の思想を読んでドン引きされてるかも知れませんが、自分が表現という分野に於いては自分に妥協したく無いという思いが強いので純粋な人間関係とは分けて考えたいのですよね。^^;

こんな私の思想をチラ見した後でも喜多川さんの理想とするギャラリーに誘って頂ける気がございますでしょうかね?^^;
2015.12.14 12:35 | URL | thattori43 #- [edit]
とても細かく、たくさんのご意見を書いていただきましてありがとうございます。

私はthattori43さんをサイトへお誘いしたのは軽い気持ちではない事だけはお伝えしたいと思います。

まだサイトへお誘いしている方も見ていただけるとわかると思うのですが、本当に少ないメンバーになっていると思います。参加されている方は私が言うのも何ですが、信頼していて頼れる仲間だと思っているからです。

可能であれば、thattori43さんにはその仲間に加わって頂きたいという気持ちは持っています。

ですが、急ぎません。三顧の礼ではありませんが、こればかりは人の気持ちというのがありますので、待つしか無いと思います。その代わりと言ってはなんですが、ブログの更新はちゃんと見てますし、その都度何かしらお話できたらとは思っています。

ただ、難しいんですよね…私もそんなに気の利いたことの言えるコメントは出せませんし、もしそれが元で変な感情を持たれたら~と思うと、それ以上のことが言えなくなってしまうと思うのです。

私もその人の作風が好きでコメントをします。やはり少しでもお近づきになれたら良いなぁと思うからです。

しかしいつからか、コメントをくれたからこちらもお礼に…と言う感情が生まれてしまい、結果的にですが私もそんな流れに飲み込まれる形になったんだと思いました。

>「非情な場所」

確かに、そうあるべきなのかも知れませんね。
とは言え、人間関係と言うのも大切なモノです。そこが実に難しいところと思っています。

出来れば適度な交流が持てたらと思うのですが、自分自身のサイト内でそれを求めようとは思っていません。こうしてthattori43さんのように、ご自身のブログ等(情報は震源)を持っていて、そこでいろんな事を話したり、交流してみたら良いと思います。

多分、artistsideを初めとした投稿サイトにできる事は限られたことしか無いと思います。しかし、ほんの少しでも良い、そこで新しい出会いや、アイデア等が得られたら、それに勝るものは無いと思います。

>従ってコメントも「褒める」か「コメントしない」の2択しか私の中では存在しません。

以下のお考えについても、良く分かります。
ただ、おそらく人からは考えについていけないとか、誤解を生みやすいと率直に思いました。

変な言い方になってしまうかと思いますが、そういう人が一人くらいいても良いではないか、と思います。全員が全員、大人の対応をするとか求めていませんし、そういうことを考えてもいけないと思います。

人それぞれ、考え方があって、それにしたがって行動するのが自然な流れだと思います。(トキも似たようなことを言っていたかも知れませんが(^^;)

思えば、人体モデリングコミュニティにお誘いして、色々と教えていただき大変嬉しく思いました。それにブログにもありますが、常に上手になろうと努力している姿勢は尊敬いたします。

上手い人ほど努力をすると言いますが、本当にそうなんだと実感しています。
私も努力をしてthattori43さんからコメントをいただけるようになりたいと思います(^^

サイトやコミュニティの運営をしてみてわかってきたことも有りますが、人の考え方と言うのは実に様々です。ひとりとして同じ考えなど無いと思います。
それ故に、面白くも有り大変でもあると思っています。

どれだけそのような色んな考えを実感し、投影することが出来るか?が重要な事だと思っています。

意思を持ち、それを貫こうとするのはおそらくとてつもなく大変なことかと思います。前にも書きましたが、それが時に誤解を生み出すこともあるでしょう。
しかし、そういったことを包み隠すこと無くご発言していただけたことは大変感謝しています。

私の姿勢は「待つ」しかありません。そしてthattori43さんがご納得いただけるようなサイトにするように努力しようと思います。

多分何度も挫折すると思うのですが、それに負けずに頑張っていこうと思います。

長々と書いてしまいましてすいませんです。
とても言いお返事をいただけましてありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします(^^
2015.12.14 22:39 | URL | 喜多川春望 #9EzsPSXI [edit]
こんにちは、喜多川さん

 喜多川さんには全く共感致します。 実際に失ってしまった人間関係もあるだろうし、元々一撃離脱するつもりだったa-sideをダラダラと続けている理由の半分もここで生まれた数少ないミニュケーションを保持したいという思いだったりする事を考えると自分はどうしてここまでかたくななのだろう?そこまでして守る何かがあるのだろうか?
と嫌気が射す事もあったり後悔する事もあります。。 矛盾の塊なのです。^^;

私としての考え方はこうです。 喜多川さんはその個性、人間性を理解できる言動、行動を多く残されておりそこには共感でき、尊敬できる物が多くあります。
人間なので時には私との意見の食い違い、衝突という事は今後起こる事もあるでしょうがそれが私の中で今後喜多川さんへの信頼が揺るぐ自体が起きる事は無いのでは無いかと想像しております。
もう既に失われてしまったであろう人間関係の中にも私は今でも変わらず信頼をおき、尊敬している方はおります。 「失われてしまったであろう」と書くのはそれを明確に確認する手段も勇気も今の私には無いからです。

ギャラリーに対する私の考えは初めて人に告白しました。それはこれを打ち明ける事なくして入会して喜多川さんの期待、信頼を失いたく無いという思いがあったからです。
ブログでギャラリーの開設を知った時その時は正直静観しようと決めておりました。そしてこうも思いました「出来れば誘われませんように」と。
前記した様に私の子供くさい固執したこだわりを暴露せざるをえない状況になるからです。しかし同時に喜多川さんに誘って頂いて嬉しいという気持ちも当然あるのです。

待って頂いてありがとうございます。^^ 参加する物に対しては鋭意善処したいと考えている事は確かです。

こちらこそこれからもよろしくお願い致します。
2015.12.15 13:21 | URL | thattori43 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/506-beb849a6

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。