Loading…
05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

Genesis3を弄ってみたでがす。

Posted by thattori43 on 25.2016 DAZ Studio関係   2 comments   0 trackback

 コアなPoser, DAZユーザーから周回遅れで遅ればせながらDAZのGenesis 3 Femaleを弄ってキャラ作りの触り部分をやってみた。
いろいろ弄るためのモーフを始めとするDAZのアセットを一切持ってないのでZBrushで頑張ってみた。^^;
考えてみたらもうここ数年に近い単位でDAZでお買い物をしてない。。ちゃっかりDAZ Studio Proのソフトウエアだけ無料で頂いているという極悪非道な底辺ユーザーだなぁ。^^;( DAZは神だなぁ。。^^;)

(1) お顔のモーフ作成
とりあえず、DAZ StudioでG3Fを召喚してZBrushにGoZをしてお顔を整形。ジョイントをあまり修正したくなかったから眼球の位置なんかはそのまま固定して行いました。
ZBrushでお顔を整形後、DAZ StudioへGoZで戻しモーフとして取り込む。 

あまり冒険してない素直なお顔。(左: G3Fオリジナル 右:お顔整形後)
morph.jpg

(2) 各種マップの作成
ZBrush上のデータは各種マップを作成する為にそのままサブディビジョンを上げる。(一千万ポリゴンクラスまで)

各種毛穴、シワ、特徴部位をスカルプトする。(深度マップ、カラーマップ作成の為)
scul.jpg


Polypaintで彩色していく。結構適当。(今回、スキン部のみ作成しようと思った。) 
paint1.jpg


適当にやったからちょっと。。というかかなり毛穴が粗くなった。(美肌とは言い難い^^;)
paint2.jpg


Genesis3からUVがUDIMになったためZBrushでのテクスチャのハンドリングがとても楽になった。
Multi Map Exporterでボタン一発押すだけで各種マップが数分で生成され出力されますね。^^ とても便利。
(Genesis3の場合はUDIM8面分のマップがこのボタン1発で作成されます。)
今回はノーマルマップとカラーテクスチャのみ吐き出してみた。
mme.jpg


出力されたテクスチャマップをDAZ Studio側でアサインしてレンダリング。
髪は適当なのが無かったのでVictoria 4のProp型の髪をのっけてます。^^;
慣れないIray。。 SSSがキツすぎて陰影、テクスチャのディテールがぶっ飛んでるねぇ。。^^;

DS2_201602251951002a2.jpg


一応保存しておいてもうちょっとしっかりとキャラ作成をやってみようか迷っておりますですよ。^^;
お気軽に出来てこれはこれで良いですね。Irayに慣れないといけない。



先日のツイッターで Genesis 3 の記事を見かけたとき、あれっ(^^ゞ?って思ってました。
ついに DAZ の PA(ベンダー)になるのかぁ~?・・なんてね~。(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ

それにしても短時間で DAZStudio の使い方をマスターされますね~。^_^;・大したものです。
モーフ作りやセットアップは Poser より DAZ の方が楽そうですね。

感じたのは、thattori43 さんの場合は服などを含めキャラ作りも出来るので
既存のモーフなどを使うより ZBrush でゴシゴシとやった方が早いかも知れませんし
良いものが出来そうです。(^^ゞ

今回、「冒険していない素直なお顔」も、優しそうで良い顔立ちをされていると思います。

Multi Map Exporter と言うのは ZBrush の機能ですか?
ボタン一発押すだけで各種マップが生成されるなんて良いですね~。

一つ質問なんですが、画像の左上にある「Pピン」って「Pinterest」の事でしょうか?
以前興味のあるチュートリアルがあったので登録しようか迷ったのですが、
いま一つ不安があってそのままなんです。^_^;
2016.02.27 01:28 | URL | wing-Ao #qbIq4rIg [edit]
こんにちは、wing-Aoさん

DAZのPAになるのは私にはそこまで緻密でマメな技量が無いですよ。^^;

一般的な3Dソフトを使ってればPoserよりDAZの方がソフトの設計思想、使い勝手を考えた時に使い安いなぁ、、と感じます。
Poserはちょっと独特すぎるし、何よりもそのソフトから開発陣のモチベーションの低さ(やる気の無さ)みたいなものがひしひしと伝わって来る様で私はソフトを保守するのを断念してしまいました。^^;(Poserの悪口言ってゴメンなさい。^^;)

Genesis3の様なリグの整った素体を使うのってやはり絵作りにとっては超楽で良いですね。^^;
たまには使ってみようかなと言う気分になってきます。 その時のためにちょっとキャラ作ってみるか。。みたいな気分にちょっぴりなってきてます。
あと、少しIrayに慣れておこうかな。。みたいな感覚でやってみました。
人体を作るに関してZBrushで造形してMODOに持って行ってレンダリングして。。といったルーチンよりもDAZ Studioに持って行ってレンダリングして。。といったルーチンの方が造形結果を素早く確認するには手軽だっりしますので。^^ (DAZへのGoZはモーフとして転送する事が出来るのでGoZの都度にマテリアルを再アサインする必要が無いのですよね。 この機能、MODOに対してもモーフとして転送できる様になると嬉しいのですが。、)

Multi Map ExporterはZBrushの機能ですね。 ZBrushでペイントした色情報ってポリゴンで言うモデルの頂点に保持されているのでテクスチャを作成する時にこの頂点の色情報をテクスチャのUV空間に転写するという工程が要るのですよね。Multi Map ExporterはこれをUVマップ分全て自動でやってくれて重宝します。^^

「Pピン」はPinterestでピンするためのボタンですね。 PinterestはGoogleの画像検索と共に保持しておきたい画像、動画なんかを気軽にクリップしておけるので気に入ってて使っております。
3DCGなんかもいろんなユーザーさんがクリップしてるのを見る事が出来るので情報が結構厳選されてて情報収集なんかにも重宝してますよ。^^
2016.02.27 12:27 | URL | thattori43 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/517-43469c5a

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: