Loading…
05« 2017 / 03 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ大味でごわす。

Posted by thattori43 on 21.2016 modo関係   2 comments   0 trackback

 とりあえず現在までの状況でがす。 造形、質感共にまだまだ大味でごわす。^^

一通り、胴体のボーン周りのリグ調整を終了したのでシーンとしての絵が作れる様になりました。
また、髪を作ってみました。(髪はシーン毎、絵毎に作る予定なのでこれは1サンプルです。)

残る物として、今後はお顔のリグを作成、調整する事、顔の美顔化、スキンマテリアルのチューンアップを主体にやっていきます。
と言ってもどれも満足度、その時々の気分によってエンドレスな作業なのでその都度での状態での絵作りというものも並行してやろうと思ってます。

Facialリグとしてはとりあえず基本となる、目閉じ、口開け、眉毛の表情を幾つか作ったのですが、今後は表情と絡めて生きた表情を盛り込んでいければ、と思います。

スキンマテリアルに関しては、課題が多いですね。
まず、パッと見の印象として気になるのが、
目(虹彩)の色。 歯の質感。 <-- 検討中。
唇の感じ。 <-- もう少し柔らかそうな質感が出したい。

SSSと光沢の関係。
肌の色味としては表皮ディフューズ、表皮、真皮、皮下組織のSSSと4枚のカラーマップを編集して色味を出してるのだけど、これらのブレンドにより色味が決まるので制御がとても複雑で難しい。。
人間の肌の色味という事である程度カラーレンジの振り幅が制限されているところで上記の4枚を色塗り分けているのであまり露骨にSSSを見せようと思うとシーン、ライティングによっては肌が赤暗くなってしまう場合が多い。
若い東洋人女性をターゲットにしているので、なるべく明るめの透明感のあるものにしたいと思っているのですが、なかなか容易では無いですね。

光沢に関してもライティングによって激変する要素でSSSとのバランスと合わせてとても難しい。
若い女性っぽい潤いのある肌を保ちつつ、過剰にオイリーな感じになってしまわない塩梅を模索してるって感じ。
こちらはライティングによって常にコントロールする必要があるので、なるべくハンドリングを容易にする為に現在はスペキュラ、反射率は一律の値で調整してマップとしては部位の反射具合を反射ラフネスマップ1枚でコントロールしてる感じです。(これでいける所まで行って満足できなくなったら個別マップを足すかな。。と思ってます。)

   画像はクリックして多少拡大します。^^
how.jpg


今回、とても大きな収穫を得たのがヘア(髪)関係。 今までこのブログ「MODOのヘアは扱い辛くてクソだ。」的な事を散々書いてきたがこれを撤回しなければならいですね。^^; MODOさん、ゴメンなさい。m(_ _)m

課題は、実際の生成されるFurがガイドカーブにぴったりと沿わなくて人体頭髪の様な高度なスタイリングを要する表現にはMODO Furはどうも不向きだと書いてきたけど、これは単なる私の勉強不足、というか勝手な思い込みから来る勘違いでした。(要はマニュアルをよく読めよ。という話なんだけど。^^;)

これに気付かせてくれたのがMODO JAPAN GROUPさんが出してくれてるチュートリアル
実際に私が勘違いしてた箇所はここ。
fur_set.jpg

今まで私は、Furのこの項目を全く重要視してなくて、「基本サーフェスからのガイドを使用」のチェックを外しただけで使ってたのですが、ここにある「アイテム」の項目でヘアのメッシュをアサインしてやると見事にヘアガイドにピタッと沿ってくれる様になる。(これが分かった時は恥ずかしながら感動してしまいました。^^;)

ヘアガイドに関して言うと、個人的にはZBrushのFibermeshが最も自分に合ったスタイリング方法なのでFibermeshでヘアを作って、それをMODOにガイドとして持ち込むというのが最もしっくりしたフローですね。

下図はそのそれぞれの工程でのスナップショットなのですが、ZBrushのFibermeshのスタイリング形状がMODO Furでかなり再現度高く移植されてます。
(今回、MODOに移植したFibermeshガイドは3500本、MODOでのFurマテリアルグループは単一。)

今までMODOで憂鬱に思っていた髪作りのハードルの高さがガクッと下がってとても嬉しいです。^^
(というか今まで多大の無駄な時間が費やされたなぁ。。^^;)

ちなみに、最初の2つの図の頭部は適当にローポリにZremesherした簡易ダミー。
fur.jpg



thattori43 さん こんばんは^^

今回、3連投になります。すみません!(^^ゞ


15歳の少女になりましたか!
清純そうな感じが出ていると思います。(^O^)

それにしても、スタバの 59歳は・・・・笑えました。(^_^;)

Fur による髪は板ポリよりも自然な感じがでて良いですね。


Ps.私の腰痛は疲労によるものらしいです。肩から腰にかけてカチカチの状態らしいので
ギックリ腰にならないように気をつけてくださいといわれました。(-_-;)
冬になれば少し休めるので、それまでは直りそうに無いですね~。
2016.10.04 00:03 | URL | wing-Ao #qbIq4rIg [edit]
こんにちは、wing-Aoさん

スタバの女神も認識されて最近の顔認識力はすごいですね〜。 しかも性別まで。
自分的には20代前半かなぁ。。と思ってたのですが、この絵では15歳でした。顔がテカってるからかも知れませんね。^^

今回のFurの収穫はとても大きいです。MODOでのFurがいつもガイド通りになってくれない。。と嘆いていたので
理想の髪型を作るのにいつも憂鬱な気分でやっていたのですけどこれで抵抗がなくなりました。^^
レンダリングも含めてあのSaya嬢の様な超自然な髪を作るのはこれまたもっとステップアップしないといけませんが。。^^;

腰の方、くれぐれもお大事にして下さい。 慢性的になってしまうと机に向うのもしんどくなってしまいますからね。
2016.10.04 13:21 | URL | thattori43 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/541-1a6e61b0

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。