Loading…
03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

あけましておめでとうございます

Posted by thattori43 on 02.2017 胸像WIP   2 comments   0 trackback

あけましておめでとうございます。
今年が皆様にとって良い年であります様に。

年末からずっと新キャラのモデリングをしております。
今回は今までの反省点をふまえて腰を据え、ある程度納得がいくまで作り込んでみようという事で制作工程もいろいろ考えつつやっております。
造形、テクスチャの工程と大きく分けて、まず造形を納得がいくまで詰めてからテクスチャへと移るつもり。

造形工程
①Dynameshで大まかにスカルプトしてZremesherで暫定リトポして更にスカルプト。
②MODOに移して再度マニュアルで全リトポ、UV展開。
③ZBrushに戻してsubD Level1で造形の詳細な詰め。
④subDを上げて皺、毛穴等の詳細スカルプト。
⑤深度マップを抽出してMODOレンダーにて確認、ZBrushへフィードバック。

当面、この工程を続けます。しっかりと造形工程をやり終えてからテクスチャの工程へと進む事にします。
現在は上記①〜②の工程を行っています。(但し、眼球はIris,Pupil等のサイズがキャラを決定する重要なファクターなのである程度大まかに作り上げてる状態。)

①Dynamesh球体からスカルプトしてZremesherでリトポし、更にスカルプトした状態。
髪は雰囲気を掴むために暫定作成したもの。(最終的にはMODOファーにて実現する予定。)
まだ、誰の似顔絵でもなくて手グセで彫っていった感じのキャラ。
stotai12.jpg


Zremesherでリトポしたままの状態。頭部(皮膚)のポリゴン数は約39000ポリゴン。
stotai10.jpg


ポリゴンループ、エッジを考えてMODOにて再度手動でフルリトポ。今回ディスプレースメントマップを使いたくないので、そのままである程度細部が締まる様に,またふっくらする所はふっくらする様にポリゴン数を割いてます。
7000ポリゴンくらいでしょうか(髪、眼球抜き)
sotai13.jpg


なんかいつも作ってる顔と大差無い様な感じで、ちょっと恐怖を覚える。。^^;
kyo.jpg


何はともあれ今年もよろしくお願い致します。m(_ _)m

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

>なんかいつも作ってる顔と大差無い様な感じで、ちょっと恐怖を覚える。。^^;

そんなことは無いと思いますよ。
ポリゴンの流れは多分個人の癖があるので大きくは変わらないのかと思います。
その辺りで言えばガラッと変えるのは結構難しいのではないでしょうか?
でも、一番上で見るお顔はやはり今までとは違った顔立ちですし、横顔がどのように見えてくるかが重要かと感じます。

現在の眉は仮のものですか?
ポリゴンの状態を見てもそうですが、もう少し上に位置するように感じます。如何でしょうか。

日本人の顔って意外と平坦なので難しいと思うのですが、その辺りも綺麗な流れで再現されていて凄く良いです。

話は変わりますが、例の「スカルプターのための美術解剖学」ですが、今日、本屋さんで立ち読みしました。(^O^)b

イラストによる図解での筋肉の流れなど見やすく解説されており、腕の部分部分に対する断面の形状なども記載されており、私など初心者にも一冊欲しい内容でした。

ただ、thattori43 さんのように、既に造形をマスターされている方にとってどれだけ必要な内容が掲載されているかは、やはり一度中を見たほうが良いかと思います。
今まで集めてきた自分なりの資料もあるでしょうし、金額の面を考えるとですね・・・。(^^ゞ

今日、家族で高尾山に初詣に行ったので、帰りに途中駅の大型書店2箇所に寄って来ました。
多分、分かりま↑すよね。(笑

どちらも在庫がありましたので、近隣の大型書店に足を運ばれては如何でしょう。
多分発刊されたばかりでしょうし、今なら在庫があるかと思われます。
今回は手持ち残金不足のため私は見送ってしまいました。^_^;
2017.01.03 01:13 | URL | wing-Ao #qbIq4rIg [edit]
wing-Aoさん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。 今年はwingさんのスカルプト作品を拝む事ができます様に。^^

東洋人難しや。。ですね。^^ これをもう一度ZBrushに持って行って更に造形なのですが、狙った似顔絵のターゲットとあまりに乖離する様だったらもう1度フルスカルプトに戻ると思います。(趣味だから仕事と違って納期が無いので思う存分できる。^^;)

とりあえず、眉は雰囲気を掴む程度のもので仮のものですね。 これも最終的には近景時はMODOファー、遠景時はテクスチャと使い分けたいと思ってます。^^;
確かに気持ちもう少し上に持っていくべきでしょうね。
(頭部メッシュ含めてどれも確定した物ではないですね。。^^;)

前回(9月作成のキャラ)の反省点として頬に綺麗なエクボを作るだけのポリゴン数が足りなかった事、笑顔を作る場合のほうれい線を作るポリゴンフローがイマイチだった事を踏まえて鼻柱から顎へかけてのポリゴンフローを明確に形成する様な感じにトポロジーを変更してみました。
また、ディスプレースメントマップを当てるとそれだけでレンダリング時間がかなり膨大に膨れ上がるので、今回はポリゴン密度のメリハリをつけて必要な箇所には惜しみなくポリゴンを割く様にしてみました。

「スカルプターのための美術解剖学」 もし購入するとしたら電子書籍で購入したいと思ってますが、とても微妙な感じ。^^;
2017.01.03 14:08 | URL | thattori43 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://thfreestyle.blog.fc2.com/tb.php/552-c4594cbe

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: