Loading…
07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題 (スカルプトの練習2)

Posted by thattori43 on 31.2014 スカルプト(3D-COAT)   0 comments   0 trackback

 スカルプトの練習2。 3D-COAT V4.1 サーフェスモード(LiveClay)

先週、毎日ず〜っと60分スカルプトみたいな事をやってきてそこそこスピードが付いて来た。
クオリティの差こそあれポリゴンモデリングの数倍のスピードで人物の顔の大雑把な原型が作れる様になって来た。
慣れてくるとスカルプトは確かに早い。  
この要因は、
 ・ 適材適所のブラシ選択が徐々に分かって来た。
 ・ MOVE、ポーズなどのドラスティックに形状を変更するツールの使い勝手に慣れて来た。
 ・ LiveClayのテッセレーションの特徴が感覚的に分かって来た。

と言う感じ。 

下図はプリミティブの「ffかたまり」から約2時間くらいで彫った物。(のべ8体目でしょうか。^^;)

とりあえず、誰かの写真をリファレンスとして彫ってみようとPinterestから適当に選んだ。
色々波紋はあるかも知れませんけど。。 モデルは有村架純さんです。^^;(色々観ていて正面からの比較的大きい画像があったので選びました。)

そのまま側面の写真がゲット出来れば良かったのですが探しても良さげな物が無かったので正面を向いた写真だけで彫りました。 (側面は全然似てない。。^^;)

目のあたり、二重にするとなかなかジャギーが取れないです。 この辺、フリーズを掛けてブラシサイズをかなり小さくして彫るため、スムースも強力に掛け難い、フリーズエリアとの境界に結構ジャギーが出てしまうって感じでなかなか難しい。(経験者は共感してくれると嬉しい。^^)

ここらへんまでの角度なら綺麗にテクスチャを貼れば本人に結構似て来るのでは? と思ったりして。^^;
ari2.jpg


いろいろブラシがありますが、私が良く使うブラシは以下の物ですね。 ボクセルモードで大雑把な顔の輪郭をMOVEツールで整え、目鼻口の大体の輪郭をブラシで整えたら即サーフェスモードに移って感じです。
brush


YouTubeに沢山アップされてるZBrushでの顔のスカルプト動画なんかが顔のパーツを作るのにかなり参考にしてます。^^


無題 (スカルプトの練習)

Posted by thattori43 on 28.2014 スカルプト(3D-COAT)   0 comments   0 trackback

 スカルプトの練習。 3D-COAT V4.1 サーフェスモード(LiveClay)

暫くポリゴンモデリングは禁止して全てスカルプトで造形するという練習をしております。

月曜日からこれを始めて、1日30分〜1時間程度。 毎回プリミティブの塊から1からスカルプト。

大雑把な造形、ディテールな造形共に慣れようとしている。 これで月曜から通算5体目(5 face目)。
なかなか思った様な輪郭とかを作れずにず〜っと人間とクリーチャーの間を彷徨ってる感じ。^^;

3D-COATはまさに良くも悪くも粘土そのもので、綺麗なエッジを作りたいと思ってもなかなか上手く行かない。 ジャギーが出まくる。

scul1_2014082820221284c.jpg


これでも頑張った方だけど、目の輪郭におもいっきりジャギーが乗っている。 MOVEツールとかで整えようとすると逆にスムーズだった箇所を破壊してしまったりする。
scul2_20140828202214b59.jpg


頬なんかもFlattenブラシなんかつかって整えてるつもりなんだけど、寄るとかなり凹凸が目立つ。 唇なんかも綺麗にプックリ膨らまない。。^ ^;
scul3_201408282022152b7.jpg


耳はもう最高に難しい。 忠実に造形するというよりも、大きくジャギーが出ない様に柔らかになでる事だけで必死という感じ。
scul4_2014082820221734d.jpg


果たして3D-COATでもZBrush Centralにあるような綺麗な造形が出来るのだろうか。。^^;

ZBrushのブラシ描き味も試してみたくなってる今日この頃。。

最後にもう1枚。
scul2.jpg


しばらく練習モードになろう!

Posted by thattori43 on 23.2014 スカルプト(3D-COAT)   0 comments   0 trackback

 思うにポリゴンモデリングってツールの使い方さえ忘れなければいくらブランクを空けても造形のスキルが極端に落ちる事もなければ極端に向上する事もそうそう無いなぁと思います。
これは例えば1つの頂点を確定するのにおいてそれは1発勝負ではなく、オペレーターに検討の猶予が与えられる場合が多いからですね。
頂点をを定義し、それをいろんな角度から観察して検討して、そんでもって確定という感じに。
だからオペレーターは自分のセンスにより近い形の造形が出来ます。 逆に言うと、ポリゴンモデリングはアーティストのセンスに負う所が大きいと思います。 だからツール操作のリハビリなんて言葉はあっても造形のリハビリなんて物はそこにはそうそう存在しないと思います。

それとは違ってスカルプトの造形はツールへの慣れと共にかなりの熟練が必要そうだな〜というのが私の感想。
やってみたいんだけどなかなかZBrushなんかに手を出さないのがこの理由。

2Dというか、手描きの絵なんかに似ていて1発のストロークがとても重要な意味を持つという感じでとても難しい。
当然、コンピューターだからCtrl+Zの連発で何度もストロークを繰り返すという事は出来るけど、その造形の善し悪しを決めるのはその1発のストロークの繰り返しであります。

ということで、今の所そんなに作りたいアイテムも無いので当面スカルプト主体な造形練習を地味〜にやろうと思ってます。^^;
私の場合はZBrushを使ってないので3D-COATになりますけど。

スカルプトってポリゴンで大まかな造形をしてディテールを付加するために使ってはいたのですが、全て1からスカルプト造形ってかなり難しくてまともにやった事無いのですよね〜。。

当面、しょぼい造形ばかりになりそうですが。。。 (それでも今の私ではポリゴンモデリングの数倍の時間がかかりそうです。。^^;)
sculpt6.jpg


ここんところペンタブレットを机上に常駐させてるので、ついでにもう少しPhotoshopもいろいろとテクニックを上達したいと思ってます。(ここんところPixivのイラストレーションを多く閲覧していた影響。2Dの上手い人ってやっぱり才能あるな〜っと。^^;)
MODO5

惣流さんっぽく

Posted by thattori43 on 18.2014 スカルプト(3D-COAT)   0 comments   0 trackback

 久しぶりにスカルプト。 このスカルプトはどうしても上手くなりたいアイテムの一つ。

一応、そんなに複雑じゃなく簡単そうなものでトレーニングしようと思って「惣流さんっぽいもの」のスーツで練習。
DAZのフィギュアを裸体で読み込んでスカルプトで盛り上げて作っております。
多分、Sci-Fiスーツなんかはこの様にスカルプトで作ってくのが最も素早く手頃に作れそうな感じがします。
ゼロポーズで作ってリトポすればそのまま衣装になりますからね。

3D-COATの作品なんかを見てるとたまにポリゴンモデラーの様なシャープなエッジを使ったメカなんかを作成されている方を見ますがどうやって作ってるのだろう。。 まだまだ上手く使いこなせていない私には謎です。
手描き感というかハンドメイド感ありありな物しかまだまだ今の私には作れないですね。

今年はスカルプトの習得にも時間を使えれば。。と思ってます。

習作: 惣流さんっぽいもの(ボクセルスカルプト)
 相当上手くやれば3D-COAT内でポージングなんかも出来るみたいですが、まだまだ私にはそのスキルが御座いません。^^;
 当面の課題は綺麗なエッジを上手く作れる様になる事かな。。
 ワコムのペンタブ持ってるけど、今の所マウスでやってるんですよね〜。。 やっぱりペンタブ使った方が良いかな。。?
souryuu2

  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。