Loading…
09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト

Posted by thattori43 on --.-- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

artist side総括

Posted by thattori43 on 06.2016 雑記   2 comments   0 trackback

 ネットの片隅で一つCG関係のギャラリー&コミュニティサイトが年内をもって閉鎖されようとしてます。
このブログでは殆ど言及してこなかったんだけど、結果として私もその終焉を見届ける1アクティブユーザーとなりました。
2013年に初投稿して以後3年間を見てきた事になります。 ROM時代の3年間を含めると計6年間見てたのですが、ROM時代は専ら絵だけを見ていたのでその投稿者が誰なのか?とかいった事を1部のアーティストさんを除くと殆ど意識する事なく閲覧してました。

CGを始めて、始めてギャラリーという事を意識して参加した場所は国内ではこのartist sideのみで、作った画像をある程度定期的に投稿していたのもここでした。
このギャラリーがとりあえず終焉を迎えるので自分の記録として忘れてしまわない内にここでの取り組みの記録を残しておこうと思います。



自分の絵をギャラリーに投稿しようと思った理由

1人部屋の片隅で作っているCGだけどそもそもその目的は、誰か、世の中の誰かの心を惹きつける事が出来るものを作りたいという想いが根本にあるのは間違いない。 
という事で1度、ある程度それほど規模の大きくない場所で自分の絵を客観的評価の場に投じてみようと思ったのがきっかけですね。 当時CGの勉強を始めたばかりだったのでそれ以上でもそれ以下でもないというごくありふれた理由です。
また、当時ネットでコミニュケーションをとらせて頂いてた方の1人がこのギャラリーを使用しているというのもその理由。

投稿モチベーションの変遷

 ざくっと初期、中期、後期と分けたけど中期と後期はまあ入り混じってあまり区別はないですね。
 初期:
  評価という意味では最も重要なステージ。 私はあなたを知らない、あなたも私を知らないという空間に絵を投じてどれだけの人が自分の絵に興味を持ってくれるか?という事をある程度利害を無視できた状態で測る事。
投稿する絵にも結構気を使う。

 中期:
  選別期。 なかなかうまい言い方が見つからないけど、まあ、簡単に言って私が今後フォローしたい人を見つける工程。
  趣味が合う人、センスがあって憧れを持って見る事が出来る人等色々。 
  
 後期:
  コミニュケーションの場。 CGの話でも世間話でも気軽に話せる人とのコミニュケーションの継続。
  投稿する絵はそこそこ気を配ってオリジナルであればまあそれで良し。

 といった変遷でしたね。

コミニュケーションに関して

 人間関係、社会性という意味において暖かく本当に人の良い方が多かったです。 
 投稿のモチベーションを大きく助けて頂きました。 本当に感謝したいと思いました。
 その人達の前では私も良い人でありたいと何度も思いました。  

コメントの難しさ

 このギャラリーはとても難しいと思いました。 というのもこのギャラリーはランキングという物があってアカウントを持っている方が評を投じる事で作品がランキング付けされてしまうのです。
 実は私がこのランキングの仕組みを知ったのは絵をギャラリーに投じた後からでした。 これを知った時、実際の所、すごく恐ろしいところに飛び込んでしまったな。。と後悔した記憶があります。
 このままこのギャラリーに投稿者として存在する限り意味なく人に嫌われてしまう、無用な敵を作ってしまう。。。 と真剣に撤退を考えた事もありました。
 以後、私はこのギャラリーでしかコミニュケーションをとれない方にしかコメントをしなくなってしまいました。 他のSNSでも繋がりを維持できている方には極力コメントしない様な行動をとってしまいました。 今後同様なシステムをとっているギャラリーに参加した場合自分の行動規範に関して真剣に考えなければならないという課題を今に残しております。
 この感覚はひょっとしたらこういうランキング付け形態をとっているギャラリーに参加した者でないと分からないかも知れません。
  昨年から話題になってるあの石川夫妻の超リアルCG美少女 Saya嬢の今日時点でのArtStationでの「いいね」数が2261に対してコメント数は48なんですよ!
  このartist sideの様にコメント数と評価数がほぼリンクされる様なランキング形態は良くないと思うんですよね。。


励みになった部分

 「あしあと」という一定期間で誰が自分の絵を見てくれたか分かるシステムがこのギャラリーにはありました。 そして頻度高く私の絵を閲覧に来てくれた方が分かる様な仕組みがこのギャラリーにはありました。
 その頻度高く見てくれているアカウントさんの中に閲覧専門(作品投稿の無い)の方を見つけるととても嬉しく思いました。 
 このギャラリーでのアーティストさんとのコミニュケーションが続く限り、また、この頻度高く見てくれている閲覧専門アカウントさん達がいらっしゃる限りギャラリーへの参加を続けようと思ってました。

ギャラリー参加での驚き
 
  驚く事にギャラリーで私の絵を見て私のプロファイルを見てこのブログを訪れ、ブログメールにて私にコンタクトをとる。 ここまでのアクションをとって下さる方がいらっしゃいました。
  3DCGの勉強方法に関する相談だとか、CG系クラウドソーシングへのお誘いだとかキャラクターアセット制作会社を経営されてる方とかです。
  artist sideも終盤になってくると参加者も激減し、アクティブアカウントなんかも100人いるかいないかの中でです。 世の中どんな人が見てるか? 何があるか? 全く分からないですよね。
 
ギャラリーへ投稿した物に関して

  一部は私のPinterestのボードに保存してありますが、全てではないですね。 個人的には全てバックアップしてあるのですが。(数的にあまり多くないし。^^;)
 
ギャラリーへの参加に関して

  これで私が現在参加しているギャラリーは現時点でArtStation 1本になりました。( Art Stationは T HATTORIというアカウントで絵を1枚だけ投じてます。) 
  ただ、このArtStationはいつ次の絵を投じれるか分かりません。^^;  
  中途半端に納得のいかない絵を乱発に投じてギャラリー自体をカオス化してしまう要因になりたくないからです。^^;
  頻繁に閲覧してるギャラリーの一つなのですが私の目から見てもギャラリーの「Latest」のところはかなりカオス化が進んでるなぁ。。 と思う時がちょくちょくあります。。
  

という事で色々勉強になりました。 でもここで築けたコミニュケーションは末長く続けたいな。。 と思ってます。

赤毛のアンになれなかった人(ボツ)

Posted by thattori43 on 27.2016 雑記   0 comments   0 trackback

 最近世界名作劇場沼にはまってしまってペリーヌ物語から始まって、小公女セーラ→赤毛のアンとずっと鑑賞してました。
1作につき50話近いので観るのも結構大変。まだまだ母をたずねて三千里とか、トムソーヤとか観るものいっぱいあるのだけど、キリがないので一旦、小休止してる状態。

有名どころとしてはアルプスの少女ハイジとかは2度くらい通して観た事があるのだけど、今回初めて観る物も多くて、何で今まで観なかったのだろう。。と結構な感動の余韻に浸っております。^^;

 ふと感じたのは世の中インターネットとか携帯電話とかその他テクノロジーなんかが発達して世界観がもう当時とガラッと変わっちゃってるなぁ。。って事。
もうこの先、この手の良質なアニメって新しく作られる事が無いかも知れないなぁ。。 と思ってしまう。
そう考えると当時の子供と今の子供ってどちらが夢があって幸せなのか判断が難しいし寂しく思う。

赤毛のアンなんかも今までチラッとは見た事があったのだけど、全話観たのは今回が初めて。 結構な感動がありました。

ボツ絵。「赤毛のアンになれなかった人」
だって、もともと作りがアジアンだし、ファーで三つ編みしんどいから。。^^;
hh2.jpg


黒毛のアン(ボツには変わり無いけど)
an2.jpg


更新しちゃう。

Posted by thattori43 on 02.2016 雑記   2 comments   0 trackback

 記憶が正しければブログにスポンサー広告を出現させたのは開設以来3度目になると思いますがしょうがないな。。

「ブログを書く」という義務感というかモチベーションといったものがフッと途切れた瞬間があり、良い機会なのでこの際数ヶ月くらい放置してみようと思った結果ですな。^^:
いろんな心理的な要因が見事に重なった結果なんだけど、基本的に3DCGに重みを置いたブログだったし、少しの間3DCGをなるべく考えないように。。てな感じで生活しておりましたですよ。^^

人の作った表現物を観たり聴いたりする事がとても好きなので3DCG以外のそういった物を観たり、聴いたり、読んだりしてると、また3DCGとは全く違った種類の感動なんかが得られるもんだから趣味にしてもそれなりにCGに時間を費やして没頭してる事に何か切迫した危機感というか焦燥感みたいなものがふと湧いてくる時があるんだよね。

多分、本質的な本音を言うとCGなんかが作れるよりピアノが弾けたり、感動的な物語が作れたりする方が100倍位羨ましい現実が自分の中にあるんだよねぇ。

3DCGを始めてかれこれ5年以上経った事になるのかなぁ。会社員で言えばもうそろそろ主任くらいの中堅社員だよなぁ。。
という事でプロフィールにもあった「3D CGを勉強中です」という文言は消して「趣味でCGやってます」にしたっス。^^
人生で5年といったらそこそこそれなりの長さだと思う、新入社員は仕事を覚え、ピアノを始めて5年もすればそこそこテンポの速くないニューミュージックなんかは楽譜初見で弾けたりするものです。 
趣味なんだから3DCGに費やす時間をそこそこにシュリンクして他の時間に割り振って。。みたいな事を考えた方が良いと思うのだよね。


手湿疹が治らん。

経験した事がある方は良くご存知だと思うけど、一度発病するとかなり長期間患う事になる。
私の手湿疹もかれこれ長期化していて悪化と乾燥の悪循環に陥っております。(;_;)
患部が手の指なので日常のあらゆる事に影響を与えてます。皮膚が部分的に厚くなったり、とても薄くなったりした箇所が疎らに出来てひどい時には関節なんかが赤切れたりするし、多分、私の場合は小指と親指以外の指紋が無くなった状態になってると思う。
ここのところ毎晩、早めにお風呂に入ってその後に直ぐに塗り薬を塗って保湿スプレーをかけて極力指を使わない。。みたいな生活を送ってます。なのでPCのキーボード、マウス、ペンタブレットなんかを触る頻度も極力落としています。
(ブログを長期放置している間に治したかったのですが。。塗り薬が切れると直ぐに悪化の症状が出てしまいます。。^^;)

Twitterに関して。

自分のやってるCG関係を中心にツィートしてますし、今後もそうです。
フォローに関してはその人の人格をそこそこ把握、類推でききそうな人、作ってる作品があればそれに興味を持てる方を中心に行ってるつもり。
基本、フォローバックはしません。こちらからフォローします。
CG屋がCG屋をフォローする気持ちは分からなくも無いですが、私にしてみれば趣味でやってる訳だから興味も湧かない作品を作ってる全然知らない人をフォローして日常生活大半なツィートがTLに流れてそれを読むのは苦痛以外何物でもないなぁ。。って感じです。
私の人間把握(管理)能力ってせいぜい数十人から100人位だし、TLは極力読む様にしてるので。
趣味でやってる人ってある意味自分の興味に妥協しなくて良いよね。^^


3Dの勉強に関して。

自分の中での3D勉強の目標到達点って紙に鉛筆で自分のイメージを描くのと等価に近い造形が出来る様に慣れる事で、自分が紙に描いた物がゴールなんだけど、そういう意味では脳から右手にイメージを伝達する3Dによる阻害やストレスやスピードなんかもかなり廃されてゴールに近いんじゃないかな。。と思う。
イメージ自体のクオリティを上げる為の訓練に重みを置くべきなんだろうね。

ここ最近について。

・3DCGを始める前は読書(殆ど娯楽小説)を結構していたのだけどその頃読んだ本の記憶が年と共にすっからかんに消失してたので改めて読み直した。
 初読の様に新鮮に楽しく読めました。忘却万歳^^
・3DCGを見れば見るほど絵画や写真なんかと比べて味わいの無い物が多すぎる(というか殆どじゃ無いかい?)と感じている今日この頃。3DCGを本職としている方々の作品を見てもそれが同様である事を考えるとやはり限界があるよなぁと考えてしまう。
・なんかスカッと爽快で感動できる様な小説なんかが書けないかなぁ。。と思ってるのだけどネタを考えてる時間無いなぁ。。
・人間心理、群衆心理と行動、言動を考えたり想像する事が結構好きなのでちょっと前までの都知事退任劇に絡んだ舛添氏個人の非日常時の危機管理とその言動、経緯なんかを心理を想像したりして興味深くワッチさせて頂いておりました。^^;


ブログについて。

今回、こうやって無理やり更新した訳だけどコンスタントに続けるモチベーションはまだまだ現時点で低いです。
今回で比較的長期に渡ってスポンサー広告を出現させる事にも慣れてしまったので今後も乱発する可能性があります。
当たり前と言ったら当たり前なんだけど不特定多数でどんな方が訪問閲覧してるのかさっぱり分からないし、ふとしたきっかけで「え”っ、こんな方も閲覧してるの?」と驚かされる事もたまにある。あらゆる人々がフラットに閲覧できる世界なのでブログを書くのを躊躇ってしまう事が増えてきた。
継続するって難しいねぇ。


まあ、とりとめもなく書いてみたけど今まで以上にぼちぼちやりますですハイ。^^;  

原画その3

Posted by thattori43 on 22.2016 雑記   2 comments   0 trackback

 体調不良で1週間くらい寝込んでた。 症状としては、

・熱なし。
・頭がフラッとする。
・体中の関節が痛い。
・味覚が鈍化する。
・鼻水が出る。

みたいな感じで治るのだろうか。。と不安だったけど完治した。正直言って社会人になってからというもの健康診断以外で医者にかかった事がまだ無い。自身の治癒力を過信して相当な事が無い限り今後も医者にかかる事は無いだろう。。と決めてるので免疫が無いウィルスなんかにやられたら一発でくたばるかも知れないね。^^;

一応、和風展、迷ってた3枚目を結局投下した。2年前にも同様のネタを投下するか躊躇したんだけど、今回は投下した。
一回は心の中でボツとした物なんだけど、「まあ、いいかな」という感じだ。
ジブリの中では他にも好きな作品はたくさんあるのだけど、こいつは久石譲さんの音楽が神がかってるということでとても好きだ。と言っても半分以上は音楽に助けられていると思う。アシタカせっ記、タタリ神等、あの音楽を聴くだけで鳥肌が立つ。

という事で、原画3枚目。 今回はVictoria4, Millennium DogといったDAZのフィギュアを久しぶりに使ってみた。

画角的に欲しい解像度で3MBに入れる事が出来なかったので結果的にはかなりトリミングしたんだけど、全体像としてはこんな感じ。
mononoke.jpg


下図は投稿したものと異なるレタッチバージョン。
diff_ret.jpg


原画その1、2

Posted by thattori43 on 08.2016 雑記   2 comments   0 trackback

 始まった和風展。10回目ともなると流石に私同様ネタに窮してるなぁ。。と思われる方々もちらほら。
シーンなりキャラなり衣装なり、1度やったネタは極力廃した物にと考えるとどんどん絵にできる物が無くなっていく。

個人的には江戸時代とか時代を遡ったものはあまり作りたくないし、ネタ的にも思いつかない。
ストーリー性など特に入り込みすぎた物なんかも側から見たら多分、客観的にコメントしづらい、または出来ない。
1枚でそれなりに効果的に見せたいと思うと結構ネタが絞られる。

みたいな感じで今回最後までネタを絞る事が出来ませんでした。。^^;
あと自分、背景(シーン)を作るような建物、樹木なんかのモデリングが嫌いなんだなぁ。。という事が分かった。
ネタが決まらないとこれらのセットなんかも作り始める事は出来ないので今回は製作期間を極力短期決戦で出来る物という感じで作っていった物になってしまった。

色々考えたネタは、例えば福山雅治さんの「龍馬伝」とか綾瀬はるかさんの「八重の桜」なんかを写実的に作りあげるとか、最近流行った艦これの和服キャラとか、犬夜叉の桔梗さんとかゲーム、漫画から拾って来るなんてのもブレインストーミングの中で出たのだけど、前者はそもそも決定的な似顔絵を作れる自信が無いし、失敗した時に手遅れになるなぁ。。と考えた事と後者はなんか中途半端な物になりそうだなぁ。。という感じで断念。

という事で今回の原画。

原画1

これは2月の半ばに作った。たまたまYAWARA全29巻を読み直した勢いで作った。製作時間は多分4〜5時間くらいだと思う。
一つ言えることは、仮にこんなのを作るのに3〜4日掛かるとしたら多分作ってなかった。サクッと作れたから選んだ題材でもありますね。
ge.jpg


原画2

手を抜く為に昨年作った「胸像WIP」の頭部をなんとか使えないかなぁ。。という感じで作った。
頭部だけでかなりのデータ量なのでこの部分を動かしたくないと思ってこんな感じの大人しめのポーズになっている。
ZBrush上ではダミーの頭を乗せてこんな感じになってます。
胸像WIPでは100万ポリゴンを越すセーターを着せていたのだけど、これと比べたら今回の胴体ははるかに軽い。^^
kendo1.jpg


誠にいつもながら1つの絵を作るだけの1回こっきりのモデリング。。^^;
まあ、それだけにリグも入れてないしアセットとして十分なモデリングをしてないので早く作れる事は良いのだけど。^^

2枚出したのだけど、あと1枚、どうしようか迷ってます。^^;
(もう絵はあるのだけど、投稿しようかどうしようか迷ってます。)

  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。