Loading…
05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

ゲームなぁ。。

Posted by thattori43 on 06.2017 雑記   2 comments   0 trackback

 参ったなぁ。。 
アルコールやニコチンと同様にゲームもやり出すと中毒になって止まらない。。。

最近はCGの創作をちょっと休止してて、基本的にお勉強モードに入ってるんだよね。。
主にAppleのLogic Pro X(音楽ソフト)とAdobeのAE(映像エフェクト系ソフト)の勉強をちょっとずつやってるのだけど、特にLogic Proの方は自分に音楽センスの無いことが露骨にわかってしまって落ち込んだりして。。^^;
CGに費やしてきた時間と同様に、もう一からじっくりと音楽の勉強をしないと作曲なんかできないかも知れない。。と。
AEの方はまず出来ることを把握する事と、それが必要となった時の情報ポインター(入手先)の収集なんかをやってる感じです。

不慣れなソフトの勉強ストレスからGWに突入した途端に禁じていたオンラインゲームに再び手を出しまして。。

「逆転オセロニア」というゲームで結構有名そうなソフトなのでご存知の方も多いのでは? と思います。
コツコツ経験値を積んで、今私が使用してるデッキはこんな感じになってます。(^^
IMG_0519.jpg


ディープなプレイヤーになるつもりは無くて、専ら無課金プレーをセオリーとしてやってます。

自分でやっててなんだけど、ゲームって人生の時間を無駄に消費するもの以外の何物でも無いよな。。。とつくづく思うのだけど。 やり始めちゃうと結構はまってしまうよなぁ。。
このゲーム、 てっとり早くはお金を使うか、または莫大な時間を使うかしないとなかなか強力なデッキに仕上がらない。
実際、オンラインで人と対戦できるので結構楽しくてやってしまう。。
時間が惜しいな。。と思いつつゲームソフトメーカーの戦略に見事にはまりつつあるなぁ。。 と反省。。。。

できれば他事をやりながら片手間で出来るゲームってのを考えてくれないかなぁ。 ゲームソフトメーカーさん。。

激しく音楽のお勉強モード

Posted by thattori43 on 26.2017 Logic Pro X   4 comments   0 trackback

 フリーでインストールしたGarageBandで音楽の勉強をしていたのだけど、これから発展して結局Logic Pro Xを入れてみた。^^;
Logic Pro XはGarageBandに比べて出来ること、音源なんかがべらぼうに増えてる感じです。。

画面はこんな感じでUIはGarageBandのそれと似ている。
lpX.jpg


と、言っても私、音楽歴といえば、
・小・中・高校の音楽の授業でかじった程度。
・DTMは昔、ちょっとしたMIDIソフトに市販の楽譜を使って打ち込んでみた経験がちょっとある。
・88鍵の電子ピアノを衝動買いした事があったけど身につかなかった。

というレベルなんだけど、もうかなり時間が経った話なので素人と言っても全く問題無しです。^^;
という事でソフトを覚えるのと並行して音楽自体に関する知識(特に和音、リズムなんか)なんかも覚えなくてはならない。
この量はCGを始めたばかりの頃と似ていてとても膨大。。
ソフトを覚えるというよりは「曲を作る」という知識とセンスがとても重要で、全てこれからお勉強。。^^;

MIDIキーボードなんかも持ってないので当面のデータ入力はマウスによるステップ入力とあとはiPadのアプリでこのLogic Pro XやGarageBandなんかをコントロールできるLogic Remoteというソフトを使って出来るところまでやってみようと思ってます。
満足できなくなってきたら適当なキーボードを物色しようと思ってます。

始めたばかりなのでただひたすらソフトを弄ったり、YouTubeで適当なチュートリアルを見たりして知識を吸収してるところ。

CGは難しいけど、これはこれで恐ろしく難しい。。
 
でも自在に曲を作れる様になると、これはこれでとても楽しいのだろうなぁ。。

まずは自分のiTunesライブラリにある適当なプロの曲を放り込んでテンポを合わせて「耳コピ」みたいな事を練習がてらやっておりますです。^^;

広告消し

Posted by thattori43 on 21.2017 雑記   0 comments   0 trackback

無粋な広告を打ち消す為に久しぶりにブログを更新しておこうと思います。

 最近の近況は? と申しますと、3DCG関係は?というと実際に手を動かして物を作るという行為をしばらく休止してました。
まあ、差し迫った創作欲求というのが無いのに加えて、既にモデリングしたもの(人物なんか)を使って何枚も似たような絵を作るという事が作る側からしても、鑑賞する側からしてもどうにも許せないという個人的に感じるこだわりみたいな事も加わって思い切ってエネルギー充填という期間に当てる事にしてました。
期間をおいても自身の技量が大幅に向上したり劣化したりする事もなさそうなのでそこそこな距離を置いてみた感じになります。

という事で1日の空いた時間をCG以外の事にちょっと割り当ててみました。

オンラインゲームをやってみた:

 何を今更・・・と思うかも知れないけど、私自身ゲームには全く興味が無いのだけど、CGをやってる方々はゲームもやってる方が多そう。。という事で最近のゲーム事情なんかもちょっと体験してみようかな、、といった感覚でApp Storeの方から適当なゲームをダウンロードしてiPadで体験してみた。
最近のゲーム(オンラインゲーム)一般に関して言える事なのか?という事は全くの素人の私には何とも言えないけど、

・ゲームソフト自体は無料でダウンロードしてプレイできる。(無料なりにかなり遊べる。)
・オンラインという仕組みを上手く使った作りになってて一昔前のRPGの様な明確な終わりが存在しない物が多そう。
 (ゲーム性としてはプレーヤーのコレクション意識、オンライン対戦という臨場感を狙った物が多そう)
・商売の仕組みとしてはゲームソフトとしての販売では無く、その中で使用される通貨的な役割を持つアイテムを購入させる事で成立してる物が多い。

みたいな感じでハマる人はかなりはまりそうな感じになってる。(実際私も2週間くらいどっぷりハマった^^;)
ゲームに終わりが存在しないしハマるとべらぼうに時間を消費する。

感想としては一昔前の家庭用ゲーム機なんかで楽しむ物なんかからはゲーム性もシンプルな感じで商売戦略も大きく変わってきてるなぁ。。 てな感じです。ハイ。
CGもゲームも両方やってるととてもでは無いけど時間がいくらあっても足りない、という事で私は強制的に切り上げました。^^;

音楽の勉強を始めた:

 これはつい最近の話。 App Storeの方でMac用、iPad用のGarageBandというDAWソフトが無料になったので早速ダウンロード。
いわゆるDTMですハイ。^^;
はっきり言って自分、音楽は専ら聴くのが専門で創作的な知識は限りなく0に近い。
きっかけは、まずは自分のスカルプト Timelapse動画に対して自作の音楽を付けたいというのが動機になります。
ソフト自体はYouTubeなんかで大体の使い方を覚えたのですが、音楽としての専門知識が全然身についてないので作曲には時間が掛かりそうです。


趣味にCGをやるというだけでも膨大な時間が必要なんだけど、ゲーム、作曲なんかもすごく時間がかかりそうですよね。
CGもやってゲームもやってる人ってすごい。。 私には出来ない。(ゲーム自体の価値も見出せない事もあるのですが。)

WIP 0128

Posted by thattori43 on 28.2017 胸像WIP   6 comments   0 trackback

 進捗をアップデートしておりきます。 (髪は暫定の物です。)
一応、修正を戻せるようにいろんな修正はZBrushで造形の変更を行って素体にモーフの形で適用しております。
素体自体は左右対象になっていてアンバランス(左右非対称)な作り込みは全てモーフ上で行っております。
howold.jpg

髪のノイズを取る

Posted by thattori43 on 24.2017 modo関係   0 comments   0 trackback

 我流でやっててわからない事があるとその都度ネットで検索をかけるという勉強方法をしてるので自分にとって優先度の高い物と低い物に対する知識の差が激しい。

髪もその一つ。 フォトリアルをやろうとするとどうしても避けて通れない。 
多分、人物CGがフォトリアルに見える要素の半分くらいはこの髪の部分が担ってると言っても過言ではないのだろうか?
と個人的には思う。

髪って実際は単なる筒状の物体では収まらず、ミクロなレベルでは表面がとても複雑な構造をしていて、これによりある意味独特な複雑な光の反射、屈折等が発生している。
よって専用シェーダーが用意されてるわけだけど、とてもレンダリングコストが高いマテリアル。
MODOでもデフォルトのレンダリング設定でレンダリングしてしまうととてもノイジーな結果になってしまってがっかりしてしまう。

この髪に発生するノイズを低減する件に関して検索していたらThe Foundaryのフォーラムである発言を見つけた。
「少なくともヘアマテリアルのGIレイ数を2048以下でレンダリングする気にならないわよ」
みたいな感じの発言だ。 
MODOのデフォルトセッティングが64なのでマジかよ? 
みたいな感覚にとらわれた。。
こういう数字だけの設定項目って独学でやってるとどのくらいの塩梅が妥当なの? という事を実際に自分でカット&トライで試してみるしかないんだよねぇ。。^^;

という事で実際にGIレイの数値によるレンダリング結果の差異を確認したのが下の画像。

h_noise2.jpg

結果、とても素敵だった。 ぐっとノイズが減った。^^ 
(今まで私のレンダリングクオリティはずっと上図左程度だったんだけど。^^;)

ただ、これによってレンダリング時間は3〜4倍位と劇的に増た。
このヘアのGIレイ=2048という設定が常識的妥当な数値なのか、あるいは過剰すぎるのか全然判断できましぇん。
(だって、我流だもん。^^;)

ライトサンプルの数を増やすとか、レンダリング画像の解像度を上げる(1ピクセル中に入り込むファーの本数を減らす)とかというのもこのノイズ削減活動の一つとなりうるんだけど、自分の中の変数がまた一つ増えたって感覚。

まあ、レンダリング時間とのトレードオフになるのでドラフトレンダリングの様なちょっとしたレンダリングでは今まで通りの設定で、また、本気レンダリングでは今回得た地識を取り入れる事にしようと思います。

このての設定って基本的すぎるのか、はたまた一概には言えないからなのか、はたまたMODOでフォトリアル人体を作ってる人が少ないのか、なかなか欲しい情報にありつけなかった。


  

プロフィール

thattori43

Author:thattori43
使用機種: Mac pro(MB535J/A)
趣味でCGやってます。

My tweet

カテゴリ

openclose

コメント+トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: